軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > ミニカ整備記録 > ランプ交換 > エアコンランプ交換

エアコンランプ交換

ハザードランプスイッチコネクター取り外し

上側のダッシュボードセンターパネルから外していきますが、マイナスドライバーを使うと傷がつくので、専用の内張りはがしを使うと作業もスムースになります。

AP 5PC リムーバーセット【プラスチックリムーバー 内装はがし】

灰皿やオーディオからのコード等、余計なものは事前に取り出しておきます。
センターコンソールを下側からバコバコ外していき、ハザードランプスイッチのある位置まで外すと、後ろにコードが繋がっています。
センターコンソール取り外し

これに気付かずに引っ張るとコードが断線する可能性あるので要注意です。
ハザードランプスイッチのコネクターを外すことを忘れずに。
ハザードランプスイッチコネクター取り外し

エアコンコントロール取り外し

センターコンソールを外したら、エアコンコントロールを外します。
エアコンコントロールは3本のネジで止められていて、右下のネジ穴は付け忘れかと思いましたが、試しにネジを入れてみても入っていきません。元々こういう仕様の様です。
エアコンコントロール

エアコンコントロールは裏側でコードとエアコンワイヤーに繋がっていて完全に引き出す事は出来ません。
ランプ交換は少し手前まで引き出せればできるので、コードとエアコンワイヤーを外す必要もありません。
エアコンコントロール引き抜き

ランプは左右に2ヶ所ありますが、今回交換するのは左側だけです。
本来、両方とも同時期に切れるので、この際同時交換するべきです。
コネクター部分をぐりぐり回しながら引っ張ると抜けます。
エアコンランプのコネクター外し

エアコンランプ取り付け

コネクターが引き抜けたらランプを交換します。
交換するランプはT5タイプのもので、これも引き抜くだけです。

スタンレー NO52 14V1.4W 2個入

エアコンランプ引き抜き

他のランプ交換と異なるのは、カラーキャップを被せなくてはならない点です。
旧品についていたゴムが劣化していればこれも交換になります。
カラーキャップが無いと、照明が明るすぎるので、ほぼ必需品です。

POLARG P7050W カラーキャップ ホワイト T5タイプ用

色が各種販売されていますが、デフォルトはホワイトです。
画像のゴムカバーは青色ですが、別に照明がブルーになる訳ではありません。
交換するエアコンランプ

取り付けて元に戻して終了

あとは取り外しの逆の手順で取り付けていけば完了です。
ハザードランプスイッチのつけ忘れの無いように。
取り付けたエアコンランプ

パーツが破損し、純正新品の購入が高額になるときは中古部品で賄うのも1つの方法です。
車各種メーカーの純正部品、パーツ、中古部品、リビルド品を扱っている通販サイトで、適合確認も行ってくれます。
GPinnovation

ミニカ整備記録

関連記事

ヘッドライトバルブ交換

一般の車のヘッドライトバルブの交換は、簡単な作業で交換できるように設計されていますが、ミニカの場合、特に右側のバルブ交換になるとエアクリーナーボックスが邪魔でエンジン上に取り付けられているインテーク一式を取り外す必要があるため、交換作業が非常に煩雑になります。

ポジションランプ交換

車幅灯はヘッドランプと共に車検前まで気付かないことが多いようで、すれ違う車でも切れているのを良く見かけます。ミニカの車幅灯交換は、左側は簡単ですが右側になるとエアクリーナーボックスが邪魔で交換しにくいです。

ナンバー灯交換

ナンバーランプの交換はナンバー灯Assyの位置と取り外し方、さらにナンバー灯Assyの分解も分かり難くなっています。ここでは、ナンバー灯Assyの位置と消耗品であるガスケットも含めたランプ交換の方法を詳述しました。

ブレーキランプ交換

ブレーキランプは後方にあるため自分1人で確認する方法も限られています。片方だけが切れていても立派な整備不良で違反になりますが、違反切符を切られたという話は聞きません。ただ、両方切れていれば一発で切符を切られます。

ハザードランプスイッチバルブ交換

ハザードランプスイッチバルブは、2年に1回くらいのペースで切れています。ミニカのハザードバルブは社外品の設定もなく、純正品以外は取り付けることが出来ないため、ディーラーで購入することになります。

メーターバルブ交換

メーター球切れは車検で不合格になるため、交換は必至です。メーター球の他に、被せてあるカラーキャップも劣化していれば交換することになります。交換後、ブルーLEDを購入してメーターパネルに取り付けると良い雰囲気になりました。

ページのトップへ戻る