軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > ミニカ整備記録 > 足回り > ロアアームボールジョイントブーツ交換

ロアアームボールジョイントブーツ交換

ボールジョイントブーツの劣化

ボールジョイントブーツは、ロアアームボールジョイント内部のベアリングを保護するためにグリスが充填されているゴムパーツです。
ゴム製なので経年劣化でヒビ割れていき、いずれ破れて中にあるグリスが漏れ出します。

ボールジョイントブーツが破れた状態では車検には通りません。

中のグリスが無くなるとベアリングが錆び、ボールジョイント本体を交換することになるのですが、私のミニカはロアアーム一式の交換になり、高額な修理費用を支払うことになります。
ゴムパーツは車検前だけでなく、日頃から点検しておくべき部位です。
劣化したロアアームボールジョイントブーツ

ボールジョイントブーツは破れていたわけではありませんでしたが、ヒビが入っていて、もうじき破れるのは明らかだったのでタイロッドエンドブーツ交換の時と一緒に交換することにしました。

ゴムパーツには、時々ラバー保護剤を吹き付けていました。
そのおかげで、走行距離が20万キロも持ったので寿命としては十分です。
普通、この距離までは持たないと思います。
ラバー保護剤は、ブーツ、ベルト類のゴム製品には、かなりの効果があるのでお勧めです。

KURE ラバープロテクタント 300ml

ブレーキキャリパー・タイロッドエンドの取り外し

ロアアームボールジョイントブーツを交換するには、ナックルをロアアームから外さなければいけません。ここまでの工程で外す部品が多いため、非常に面倒です。

タイヤを外し、ブレーキキャリパーの下側のスライドピンを外して引き上げ、ブレーキローターとブレーキキャリパーを取り外します。
取り外しは、ブレーキパッド交換を参照。
キャリパーにはブレーキホースが付いているのでサスペンションに吊るしておきます。
ブレーキローター取り外し

次に外すボルトは4か所で、すべて17㎜。
タイロッドエンド部、ロアアームボールジョイント部にそれぞれ1か所、サスペンション2か所。
ミニカ ストラット

タイロッドエンドはナックルにがっちり固定されていて、ボルトを外してもビクともしません。
以前、ディーラーの整備士が、ハンマーで叩いて外している職人芸的な技を見たことがありますが、素人には専用工具のタイロッドエンドプーラーが無いと難しいと思います。

AP タイロッドエンドプーラー TL204

タイロッドエンドとナックルの隙間に挟み込んで、ラチェトレンチで少しづつ締めこんでいくと、突然「ガコッ」と大きな音がしてタイロッドエンドが外れます。
ミニカ タイロッドエンド取り外し

ボールジョイントの取り外し

ロアアームボールジョイントのボルトも外します。
インパクトレンチを使えば楽勝ですが、長いスピンナーハンドルがあれば大した作業ではありません。

PWT 1/2インチ スピンナーハンドル 505mm

ロアアームボールジョイントボルト取り外し

サスペンションのボルトも外します。
各ボルトは共回りするので、締め付け工具は2本必要です。
ミニカ サスペンション取り外し

ボルト4本を外したら、ボールジョイントからナックル部分を外します。ナックルを引き上げるよりは、ロアアームを押し下げて外す感じです。
ここは固着していることが多く、作業が難航する工程だと思います。
ドライブシャフトのボールジョイント結合の穴にプレーバーを当てて、てこを使ってドライブシャフトを持ち上げると外れます。
ロアアームからドライブシャフトを持ち上げる

ドライブシャフトが外れれば、交換作業の山場は越えました。
これでやっとロアアームボールジョイントブーツが交換できるようになります。
ロアアームからシャフト外し

ブーツの取り外し

ロアアームとブーツの取り付け部位に、細いマイナスドライバーを打ち込んで隙間を作ります。
隙間が十分広がれば、プレーバーを差し込んでブーツを取り外します。
ロアアームボールジョイントブーツの取り外し

ブーツを外したら、ボールジョイント部分の古いグリスを除去します。
ジョイントをぐりぐりと回していくと、中のグリスも少しずつ出てくるので、丹念にふき取ります。
グリスも古くなっているはずなので、ちょうど良い交換時期でした。
ロアアームボールジョイントから外したブーツ

ブーツの取り付け

ジョイントの可動部分に問題がないことを確認しておきます。
錆が発生していてジョイントの動きが悪ければ、普通はロアアームボールジョイントを交換すればよいのですが、私のミニカはロアアームと一体になっているため、ロアアームAssy交換になります。

ミニカのロアアームは社外品が少なく、純正を購入することになりかねません。
純正新品は年式によって異なりますが、1万円オーバーします。
中古パーツショップで検索して探せば安価で済みます。

e-cleマート

新しいグリスをジョイント部分に塗りつけて、ぐりぐり回してグリスを馴染ませます。

ロアアームボールジョイントに使うグリスはリチウムグリスです。

リチウムグリスを持ち合わせていなかったため、充填したグリスはシャーシーグリスを使いました。
注入するグリスの量はボールジョイントが隠れる程度で十分です。
ほどほどにしないと、ブーツがパンパンになります。
ロアアームボールジョイントのグリス注入

交換するロアアームボールジョイントブーツの純正品番はMR589789。
社外品が安いですが、数百円のモノなので、純正でもあまり変わりありません。

ミニカ ボールジョイントブーツ 大野ゴム DC-1643

上からブーツの縁を叩いてはめ込むのですが、塩ビパイプを使ってハンマーで叩きました。
作業中は、ロアアームが上下に動くので、下に木材を入れてロアアームを固定しました。
ピッタリ合うサイズの塩ビパイプが無かったので、TS40の塩ビパイプをブーツの端に当ててハンマーで叩きながらはめ込んでいきました。
ロアアームボールジョイントへのブーツ打ち込み

タイロッドエンドブーツと違い、すべてゴムで出来ていますが相当固いです。
なかなかハマらず、結構手こずりました。
ブーツとロアアームとの隙間がなくなるまで叩いてインストール完了です。
交換したロアアームボールジョイントブーツ

元に戻す

外した部品を、逆の手順で取り付けていけば終了。
サスペンションとロアアームのボルトの締め付けトルクは110N・m。

外したタイロッドエンドをナックルに取り付けます。
ボルトを締め付ける途中から、ボルトが空回りして締め付けられなくなるので、タイロッドエンドを上から押さえつけながらボルトを締め付けていきます。
ボルトの締め付けトルクは30~34N・mで締めています。
タイロッドエンドのナックルへの取り付け

ミニカ整備記録

関連記事

タイロッドエンドブーツ交換

ブーツはゴム製であるため経年劣化でヒビ割れを発生し、破れて中のグリスが漏れ出してジョイント部が錆びてしまえば、部品を丸ごと交換することになります。ラバープロテクタントを定期的に吹き付けていたので、走行距離20万キロまで持ちました。

ミッションオイルシール交換

ミッションオイルシールは、ドライブシャフトとミッションケースの間に取り付けられているオイルシールで、結合部からのミッションオイル漏れを防ぐ役割を果たしています。オイル漏れを発見しやすく、交換時期の分かりやすい部品です。

ギアシフトシャフトオイルシール交換

シフトチェンジをミッションに伝えるためのシャフトとミッションケースをつなぐ部分のオイルシールからオイルが漏れていました。オイルシール部分をカバーするブーツも劣化していたので同時交換しました。

ステアリングラックブーツ交換

車検前に車の下に潜ってチェックしていると、ステアリングラックブーツの破れを発見しました。ステアリングラックブーツを交換するにはタイロッドエンドを外す必要がありサイドスリップ調整が狂ってしまいます。

ドライブシャフトブーツバンド交換

ブーツとドライブシャフトの隙間からのグリス漏れを発見しました。幸いブーツは破れていませんでしたが、ドライブシャフトブーツを交換する前に、ブーツバンドを交換して最後の悪あがきを試みました。

ドライブシャフトブーツバンド交換やり直し

前回交換したブーツバンドの取り付け方が気に入らなかったので再度やり直しました。ブーツバンドは交換までグリス漏れなどのトラブルはなかったので、安心して同じ製品のものを使用しました。

パンク修理

深夜にタイヤに釘が刺さっているのを発見しました。タイヤパンク修理キットを車載しているので、すぐにDIYで修理しました。リペアゴムを挿入する時に、失敗してやり直してしまいました。

ページのトップへ戻る