軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > ミニカ整備記録 > 足回り > ドライブシャフトブーツバンド交換

ドライブシャフトブーツバンド交換

ドライブシャフトブーツからグリス漏れ

タイミングベルトを交換している時に、ブーツとシャフトの結合部からグリスが漏れて、周囲に飛び散っているのを偶然発見しました。
走行距離が10万キロを超えると、どうしてもあちこちガタが出始めるものです。
ミニカ ドライブシャフトブーツ グリス漏れ

もう一方のドライブシャフトブーツはすでにディーラーで交換済み。
交換作業に立ち会わせてもらって、DIYで出来ることを確信しました。

分割式ドライブシャフトブーツ

分割式ドライブシャフトブーツとは、通常ドライブシャフトを外さないと交換できないドライブシャフトブーツを簡単に交換できるドライブシャフトブーツのことです。

かつては耐久性に問題があったようですが、近年飛躍的に耐久性が向上したようです。
ディーラーでもこの分割式ドライブシャフトブーツを採用しているメーカーもあります。

アウター(車輪側)とインナー(ミッション側)の2種類があり、各メーカーから販売されていて、ミニカに適合するものも何種類かありますが、車名と年式だけで購入すると痛い目にあいます。適合確認必須。

大野ゴム オーレッグ樹脂ドライブシャフトブーツ OJ-037GK

アウターは各メーカーから販売されていて選択肢があります
スピージー ドライブシャフトブーツ アウター側片側(フロント) BAC-TG06R ミニカ/ミニカトッポ

ドライブシャフトのインナー部分に「ETJ75」と刻印されているモノのみ適合します。
分割ドライブシャフトブーツ 片側 フロント アウター適合車種:ミニカ・ミニカトッポ H42V CV/J=ETJ

以前はアウターのみ販売されていましが、現在はインナーも販売され始めています。
インナーでミニカに適合するモノはこれしかありません。
スピージー ドライブシャフトブーツ インナー側片側(フロント) BAC-KA01R ミニカ/ミニカトッポ

ドライブシャフトブーツバンド交換

ブーツ交換はいずれしなければならないことは明白。
ただ、その前に、どの程度持つのか確認するためにブーツバンドのみの交換を試みてみます。

同じ状況に陥る人が多いようで、ブーツバンドは簡単に入手できます。
事前に車の下に潜って、バンドの幅と長さが合うかどうか確認しました。
車のブーツバンドと同じ幅でした。長さも十分。

ブーツバンド 254mm STRAIGHT/19-9931

ブーツバンド取り外し

まず、どの様な状態で取り付けられているか確認します。
ブーツバンドの取り付け方向は、バンドの折り返し方向がシャフトの前進方向になるようにと言われています。
元の状態を確認してみると、左側は前進方向に、右側は前進方向と逆に折り返していました。
左側のドライブシャフトブーツはデーィラーで交換したことがあります。
メーカーが間違えたのか?…整備士が間違えたのか?…それともどっちでも良いのか?…分かりません…。
ミニカ ドライブシャフトブーツ シャフト側

とりあえず、ブーツバンドのロッキンググリップをマイナスドライバーでこじり、ブーツバンドを外しました。
このブーツバンド、繋がっていてニッパーを使わないと除去できません。
バンドを外すと、少しだけブーツを動かすことができます。
どうもブーツのシャフトとの接触部分が劣化しているようで、交換作業中もグリスが滲んできます。
ミニカ ドライブシャフトブーツブーツバンド取り外し

ドライブシャフトブーツバンド取り付け

新しいブーツバンドのカシメ部分。この部分にバンドのもう一方を通して折り曲げてカシメます。
購入時は、バンドが真っすぐになっているので、パイプに軽く巻き付けて円形に曲げておきました。
ブーツバンド

ブーツにバンドを通し、少しずつ締め付けていきます。
ミニカ ドライブシャフトブーツ ブーツバンド取り付け

ブーツバンドツール

ここで登場。ブーツバンドを楽に締めることができるツール。

ブーツバンドツール STRAIGHT/19-9315

説明書通りにツールにブーツバンドを通して、バンド巻き取りレバーを回していきます。
ブーツバンドをブーツバンドツールに取り付ける

弱く締めればグリスが滲み、強く締めればブーツが変形して、締め付ける力加減が難しいです。
最悪、新しく付け直すことも考え、少しだけ強く締め気味で取り付けました。
ブーツバンドツールによる締めつけ

折り返してバンドカット用のレバーを回してバンドをカットします。
車の下に潜っての作業なので、思う様に体を動かせません。特にこのカット作業は、ニッパを使えばかなり手こずりそうで、バンドツールが非常に役に立ちました。
ブーツバンドツールでバンドをカット

ブーツバンドのカシメ作業

カットしたバンドを折り返して、ロッキンググリップを折り曲げます。
閉まる方向を考えて、折り返しは前進方向とは逆に折り曲げました。
ブーツバンド折り返し

ロッキングクリップを折り曲げることが難しい時には、別のブーツバンドツールを使います。
SUPERLAP / Genb(玄武) ブーツバンドツール

最後の仕上げとして、ロッキンググリップに金槌の先端を押し当て、金槌の頭をハンマーで打ち込んでブーツバンドをしっかりと固定しました。
ブーツバンドをカシメる

初めてならこんなもんでしょう。
ブーツバンド取り付け完了


(追記)
気に入らなかったので、ドライブシャフトを外した時にやり直しました。
こちらの方が、画像が見易く分り易いようになっています。その後の経過の記載有。
ドライブシャフトブーツバンド交換やり直し

ミニカ整備記録

関連記事

タイロッドエンドブーツ交換

ブーツはゴム製であるため経年劣化でヒビ割れを発生し、破れて中のグリスが漏れ出してジョイント部が錆びてしまえば、部品を丸ごと交換することになります。ラバープロテクタントを定期的に吹き付けていたので、走行距離20万キロまで持ちました。

ロアアームボールジョイントブーツ交換

ロアアームボールジョイントブーツの交換は、タイロッドエンドやナックル、ストラットを外さなければならず、交換作業が非常に面倒です。タイロッドエンドブーツを交換する機会に、一緒に交換することにしました。

ミッションオイルシール交換

ミッションオイルシールは、ドライブシャフトとミッションケースの間に取り付けられているオイルシールで、結合部からのミッションオイル漏れを防ぐ役割を果たしています。オイル漏れを発見しやすく、交換時期の分かりやすい部品です。

ギアシフトシャフトオイルシール交換

シフトチェンジをミッションに伝えるためのシャフトとミッションケースをつなぐ部分のオイルシールからオイルが漏れていました。オイルシール部分をカバーするブーツも劣化していたので同時交換しました。

ステアリングラックブーツ交換

車検前に車の下に潜ってチェックしていると、ステアリングラックブーツの破れを発見しました。ステアリングラックブーツを交換するにはタイロッドエンドを外す必要がありサイドスリップ調整が狂ってしまいます。

ドライブシャフトブーツバンド交換やり直し

前回交換したブーツバンドの取り付け方が気に入らなかったので再度やり直しました。ブーツバンドは交換までグリス漏れなどのトラブルはなかったので、安心して同じ製品のものを使用しました。

パンク修理

深夜にタイヤに釘が刺さっているのを発見しました。タイヤパンク修理キットを車載しているので、すぐにDIYで修理しました。リペアゴムを挿入する時に、失敗してやり直してしまいました。

ページのトップへ戻る