軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > ミニカ整備記録 > ランプ交換 > ブレーキランプ交換

ブレーキランプ交換

両方切れると大変

ブレーキランプは交換保安部品であり、ユーザー車検を受ける時のチェック必須事項の1つです。
ブレーキランプが切れた状態では車検には通りません。

注意しておかないと、中々発見できないブレーキランプ切れ。
放置しておくと、道路交通法違反で警察に切符切られ、反則金を支払う羽目になります。

ブレーキを踏んだ時に点灯するブレーキランプのバルブは、照明を点灯させたときに点灯するテールランプと共に尾灯等と呼ばれ、1つのバルブ内にセットされているため、どちらか片方が切れたら交換になります。

取り外し

ハッチバックを開けると、ボディに固定されているネジが2か所見えるので、ドライバーで外し、リアコンビネーションランプを外せるようにします。
リアコンビネーションランプの取り外し

リアコンビネーションランプは、そのまま手前に引き出せば良いだけなのですが、実はツメで引っかかっているので注意が必要です。

無理に外そうとせず、ゆっくり引き出します。
自分は初めての作業で、何も知らずに思いっ切り引き抜いてツメを折ってしまいました。
リアコンビネーションランプは、短い配線がボディ内から出ているので自由に取り回せません。
取り外したリアコンビネーションランプ

ブレーキランプバルブ交換

ブレーキランプは、ウィンカーランプと一緒に金属製のプレートにセットされています。
プレートはリアコンビネーションランプにネジ2本で固定されているのでネジを外します。

取り付けられているネジは、すべてプラスネジなので、ドライバー1本で交換作業が行えます。

リアの方向指示ランプもプレートにセットされています。
交換は同じ作業ですが、取り付けるバルブは金口の長さが違う別の種類のバルブになっているので、間違えて取り付けることが無いようになっています。
スタンレー NO15 12V21W 2個入

ブレーキランプ交換

ランプを交換し、プレートを元に戻しネジを締めます。
交換するバルブは、ウィンカーバルブとよく似ているので要注意です。
スタンレー NO14 12V21/5W 2個入

元通りにはめ込んで、ネジを締めて終了です。
ツメを折ってしまいましたが、ネジで締め付ければ問題なく取り付けられます。


パーツが破損し、純正新品の購入が高額になるときは中古部品で賄うのも1つの方法です。
車各種メーカーの純正部品、パーツ、中古部品、リビルド品を扱っている通販サイトで、適合確認も行ってくれます。
GPinnovation

ミニカ整備記録

関連記事

ヘッドライトバルブ交換

一般の車のヘッドライトバルブの交換は、簡単な作業で交換できるように設計されていますが、ミニカの場合、特に右側のバルブ交換になるとエアクリーナーボックスが邪魔でエンジン上に取り付けられているインテーク一式を取り外す必要があるため、交換作業が非常に煩雑になります。

ポジションランプ交換

車幅灯はヘッドランプと共に車検前まで気付かないことが多いようで、すれ違う車でも切れているのを良く見かけます。ミニカの車幅灯交換は、左側は簡単ですが右側になるとエアクリーナーボックスが邪魔で交換しにくいです。

ナンバー灯交換

ナンバーランプの交換はナンバー灯Assyの位置と取り外し方、さらにナンバー灯Assyの分解も分かり難くなっています。ここでは、ナンバー灯Assyの位置と消耗品であるガスケットも含めたランプ交換の方法を詳述しました。

ハザードランプスイッチバルブ交換

ハザードランプスイッチバルブは、2年に1回くらいのペースで切れています。ミニカのハザードバルブは社外品の設定もなく、純正品以外は取り付けることが出来ないため、ディーラーで購入することになります。

メーターバルブ交換

メーター球切れは車検で不合格になるため、交換は必至です。メーター球の他に、被せてあるカラーキャップも劣化していれば交換することになります。交換後、ブルーLEDを購入してメーターパネルに取り付けると良い雰囲気になりました。

エアコンランプ交換

エアコン電球は切れていても運転に支障があるわけではありませんが、夜間にエアコンパネルにあるスイッチを切り替える時にはやはり必要になります。センターコンソールの取り外しは車弄りの基本なので、特に問題なく交換できました。

ページのトップへ戻る