軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > ミニカ整備記録 > 取り付け・他 > ユピテル カーナビ バッテリー交換

ユピテル カーナビゲーション バッテリー交換

ナビの電源が落ちるようになった時…まず確認すること

ナビの電源が落ちる時は、バッテリーの寿命と判断する前に、コードの接触不良を調べましょう。

バッテリーを交換した後、しばらく使っていたのですが、再び電源が突然落ちるようになりました。
最初、交換したバッテリーが適合していないのかと思ったのですが、原因はコネクタの接触不良でした。

これがタチの悪いことに、バッテリー寿命との判断が付きにくいのです。

と言うのが…

コネクタをナビに挿し込むと、接触不良であるにもかかわらず、ナビの電源ランプが点灯していて、接触不良との判断がつきにくいのです。
ランプが点灯しているので、てっきり充電されているものだと思っていたのですが、一瞬、オープニング画面が表示され、すぐに画面が真っ黒になってしまいます。

コネクタが接触不良の時は、カーナビから出る音に変な信号音が混じっていました。

カーナビに搭載されているスピーカでは、音が小さくて聴こえません。
ナビのヘッドフォン端子からカーオーディオの外部入力端子に繋いで大きな音量で聴いてみると、ナビの待機画面やナビ画面で、小さく「ピ~」と信号音がしていました。
この場合は、コネクタ部分の接触不良の可能性が高いです。

この状態から、コネクタを弄って信号音が消え、正常に作動したら間違いなく接触不良だと思います。

【Y-DC-010】ユピテル ポータブルナビ用 5V シガー電源コード OP-E445 代用品

リレークリーナーで、コネクタ部分に吹き付けると、しばらくの間は治ります。
製品自体のコネクタ部分の強度不足が原因なので、根本的な解決にはなりませんが…。

サンハヤト リレークリーナー RCS201

以上の症状が無い場合は、バッテリー寿命の可能性があります。

カーナビに搭載されていた電池

カーナビ分解まではユピテル カーナビ 分解参照。

リチャージブル・リチウムイオンバッテリー。ユピテルブランドの台湾製。
3.7V、1500mAh、5.55Wh。サイズは64㎜×42㎜×5㎜。
ユピテル YPB717si バッテリー

外側のフィルムをカットすると、金属部分がむき出しになります。
金属部分には
ICP 494261 SRU
WK1522 0527 HM
MADE IN CHINA
w1
とあります。中国製であること以外、何の事だか分かりません…。

コネクター部分にはIC回路がセットしてあります。
リチウムイオンバッテリーには、過充電・過放電と異常加熱防止のための保護回路が付いています。
それでも発火事故のニュースはあとを絶ちませんが…。
ユピテル YPB717si バッテリー サーミスタ

ユピテル カーナビ代替バッテリー

ネットで検索してみると、ユピテル製のリチウムイオンバッテリーは販売されているのですが、電圧が同じでもバッテリー容量が異なっています。
とりあえず、電圧とバッテリー容量が同じものを探してみました。
探し当てたものはサイズも同じでした。

ただ、商品画像を見てみると、モバイルルーター用の交換バッテリーなので、電極にコネクターが付いていません。

色々見ていくと、コピー商品と思しきモノが出回っています。
このままナビを放置していても仕方がない。
他に選択肢はなさそうだったので、試しに安価なヤツを購入してみました。

『SoftBank/ソフトバンク』HWBAF1 互換 バッテリー

届いた商品は、HUAWEI製のモバイルバッテリーで、サイズは65㎜×42㎜×5㎜。
カーナビの電池とほぼ同じです。
ユピテル カーナビ 代替バッテリー HUAWEI HB4F1

バッテリーの電極を直接ハンダ付け

問題の電極。左から+、T、-。Tはサーミスタからの信号になります。
電極をノギスで計測してみる。+・-極ともに幅2.2㎜、高さ3.4㎜。
T極は幅1.6㎜、高さ3.4㎜。深さはすべて0.6㎜。

外観からは分かりませんが、この裏には電子基盤があるはずで、安易に直接電極にハンダ付けしようものなら、ハンダごての熱で電子基盤のICチップを破壊してしまいかねません。
おまけにリチウムイオン電池は加熱すると爆発、発火の恐れもあります。
リチウムイオンバッテリー HB4F1 電極寸法

電極のはんだ付けに際して、フラックスと言うものを使用しました。
フラックスとは、はんだ付けする箇所の異物や酸化膜を取り除き、はんだ付け作業を素早く、容易に行うことが出来る液体の融剤のことです。

コネクターは代替品が無いので、オリジナルのバッテリーにはんだ付けしてあったモノから取り外しました。
事前にリード線にハンダを付けておき、電極にフラックスを塗って素早く30Wのハンダごてを当てると、あっという間にハンダが電極に馴染んでくれました。
初めてフラックスと云うモノを使ってみましたが、ここまで瞬間的に馴染むとは思いませんでした。今後のはんだ付けに活用していきたいと思います。

白光 HAKKO 鉛フリー対応フラックス FS200-01 20ml

ハンダごては、ワット数の小さい30Wを使わないと、ICチップを破損する可能性があります。
それと、バッテリーをしっかりと固定して、作業しやすくすることも大事です。
HB4F1 電極に直接ハンダ付け

バッテリー装着

大いに不安を抱きつつも、バッテリーを取り付けてみます。
コネクタの上には銅シートがあるので、ショート防止のため、電極部分に絶縁テープを貼っておきました。
ユピテル YPB717si 互換電池交換

バッテリーを取り付け、ケースを閉じます。
サイズもほぼ同じなので、ケース内に収めることができました。

バッテリー切れのカーナビゲーション復活!

恐る恐る電源を入れてみると、無事に起動してくれました。
この電池で正解でした。
このバッテリーは格安ですが、モバイルバッテリーとして使っている人達の評価も高いです。

『SoftBank/ソフトバンク』HWBAF1 互換 バッテリー

さて、カーナビはその後も問題なく稼働してくれています。
本体がバッテリーを充電してくれるかどうか心配だったのですが、取り越し苦労でした。
交換前のバッテリーの末期には、エンジン停止後3分と持ちませんでした。
今では昔のように長時間持ってくれています。
お陰でエンジンを止めて車内で人を待っている間、ワンセグ見ながら時間を潰せるようになりました。

ミニカ整備記録

関連記事

フロントガラス DIY交換

フロントガラス DIY交換記録。飛び石でフロントガラスにヒビが入ってしまいました。フロントガラス交換にかかる費用は、軽自動車で5万円前後になります。今回のガラス破損で2回目だったので必要工具を揃えDIY交換にチャレンジしてみました。

タコメーター取り付けとハーネスコネクタ自作

オートゲージ・タコメーター取り付け記録。H42Vミニカから出ている信号電圧は弱いため、そのままではタコメーターを取り付けることは出来ません。そこで、回転数信号を取り出すための三菱純正品番MB991799ハーネスコネクタを自作して、取り付けてみました。

フロントスピーカー取り付け

ミニカバンに装備されているオーディオは、スピーカー付きのAMラジオのみでドアスピーカーは取り付けられていません。物足りなくなってカーオーディオを取り付ければ、同時にスピーカーも取り付ける必要があります。

リアスピーカー取り付け

フロントドアスピーカーでは物足りないので、本来取り付けが出来ないリア側にもスピーカーを取り付けることにしましたが、リアトリムにはスピーカーグリルが無く、リアトリムに穴開け加工をして無理矢理取り付けました。

ユピテル カーナビゲーション 分解

ユピテル・カーナビゲーションYPB717si 分解記録。カーナビがバッテリー切れのため、新規モデル購入前にバッテリー交換できるかどうか分解してみました。ユピテルのカーナビ分解方法の詳細は見つからなかったので、ナビ破壊覚悟でトライしてみました。

フィルムアンテナ 貼り替え

フロントガラス交換に伴い、新しく汎用の補修用フィルムアンテナを激安で購入。この補修用フィルムアンテナは2本平行になっていたのでカッターで切断し、それぞれのフィルムアンテナを1本ずつ型紙にL型に貼り付け、新しいフロントガラスに貼り直してみました。

ページのトップへ戻る