軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > ミニカ整備記録 > センターコンソール取り外し

センターコンソール取り外し

オーディオメンテナンス作業では欠かせない

初めてDIYで取り付けたのは、カーオーディオでした。
その頃は、自分で出来る自動車整備と言えばエンジンオイル交換くらいで、スピーカー取り付けでドアトリムの外し方さえままならなかったものです。

トレイとセンターコンソール取り外し

センターコンソールパネル上部のトレイを引き上げて取り外します。
パネルとトレイのわずかな隙間にパネル剥がしを挿し込んで上に引き上げます。
マイナスドライバーでも出来ますが、パネルが傷つきます。
AP 5PC リムーバーセット【プラスチックリムーバー 内装はがし】
ミニカ センターコンソールパネル上部のトレイ取り外し

灰皿を外して、センターコンソールパネルの下から上に向かって、順に手前に引いて行けば、パコパコと外れていきます。
途中のエアコンコントロール部で引っ掛かりやすいですが、両手を添えて丁寧に外していきます。
途中にはコードが接続されている場合があるので、手前に引っ張ったりせず、ハメ込みを外していくだけです。
ミニカ センターコンソールパネル取り外し

各コネクタの取り外し

ハザードランプスイッチのコネクタが後ろで接続されているので、無理に引っ張っるとコードが断線します。
接続コードの長さはあまり長くないので、パネルの隙間から手を入れて、ロックを排除します。
デフォルトのミニカバンの場合、これでセンターコンソールパネルを取り外せます。
ミニカ ハザードランプスイッチ取り外し

コンソールパネル下部には、自分で取り付けたシガープラグとETCがあるので、それぞれコードを取り外しました。この他にも、個人的に取り付けた機器があれば取り外します。
何も装着していなければコンソール内はガラガラに空いていますが、自分の場合は、タコメーター、カーオーディオ、カーナビの電源ケーブルを入れているので、コードが絡まっています。

エアコンコントロールやカーオーディオを外す作業ならば、コンソールパネルを丸ごと外す必要はありません。
下の方のコード類を取りまわすならば、すべて外してしまった方が作業性は向上します。
ミニカ 取り外したセンターコンソール

パーツが破損し、純正新品の購入が高額になるときは中古部品で賄うのも1つの方法です。
車各種メーカーの純正部品、パーツ、中古部品、リビルド品を扱っている通販サイトで、適合確認も行ってくれます。
GPinnovation

ミニカ整備記録

関連記事

フロントスピーカー取り付け

ミニカバンに装備されているオーディオは、スピーカー付きのAMラジオのみでドアスピーカーは取り付けられていません。物足りなくなってカーオーディオを取り付ければ、同時にスピーカーも取り付ける必要があります。

ハザードランプスイッチバルブ交換

ハザードランプスイッチバルブは、2年に1回くらいのペースで切れています。ミニカのハザードバルブは社外品の設定もなく、純正品以外は取り付けることが出来ないため、ディーラーで購入することになります。

エアコンランプ交換

エアコン電球は切れていても運転に支障があるわけではありませんが、夜間にエアコンパネルにあるスイッチを切り替える時にはやはり必要になります。センターコンソールの取り外しは車弄りの基本なので、特に問題なく交換できました。

ページのトップへ戻る