軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > ミニカ整備記録 > ブレーキ関係 > ドラムブレーキ カップ交換

ドラムブレーキ・ホイールシリンダー カップ交換

車検前のオーバーホール

ドラムブレーキのブレーキシューを駆動するホイールシリンダー内には、ピストンがはめ込まれていて、このピストンには、ブレーキフルードの漏れを防止するためのゴムカップが取り付けられています。
ゴムカップは、長年のブレーキ操作による摺動によってその機能が劣化していき、ブレーキフルード漏れを起こしてしまいます。
最悪の場合、ブレーキが効かなくなってしまうため、定期的な点検・交換が必要です。

車検前には、必ずドラムブレーキを分解して問題ないかチェックしています。
ただ、ホイールシリンダーに関しては、ブーツをめくってフルード漏れの確認程度で、ピストン内部の異常までは確認していませんでした。

走行距離はすでに24万km。ホイールシリンダーからのブレーキフルード漏れは見られません。
ドラムを分解した時の、ホイールシリンダー表面に見えるサビが気になって、カップキット交換に踏み切りました。

部品の取り外し

車検前に行っている点検と変わりません。習慣的に右側から取り掛かっています。
手慣れた手つきでサクサク分解していきます。
工程については、ドラムブレーキ オーバーホール① 分解を参照。
分解したドラムブレーキ

今回は、ここからホイールシリンダーのピストンを引き抜きます。
引き抜いた瞬間、ブレーキフルードが漏れてきます。

リアブレーキの配管は、スチールパイプでホイールシリンダーに直結されています。
フロントブレーキキャリパー オーバーホールのように、ブレーキホースにクランプを挟んでフルード漏れを防ぐことが出来ません。
ホイールシリンダーからピストンを引き抜く

パイプを外してキャップで栓をしてもよかったのですが、面倒くさいので、フルードダダ洩れでの作業をすることにしました。
漏れ出てくるフルードの量は大したことはありませんが、道路にフルードを撒くわけにはいかないので、紙コップで受けました。
最終的に漏れるフルードの総量は、コップ1杯分くらいでしょうか…。

ピストンを引き抜いた瞬間、フルードとともに中にあったスプリングも落ちてきました。
反対側の方が高い位置にあるので、そっち側を引き抜けばよかったと思いました。
スプリングは、円錐ばね(テーパーコイルスプリング)になっていて、取り付け方向には注意が必要です。
ホイールシリンダーから出てきたスプリング

ホイールシリンダー清掃とカップ交換

シリンダー内部にサビ等は見られなかったので、内部を軽く掃除しました。
シリンダー内に軽度のサビがあれば、ピカール等で内側を磨いて、錆を取り除く必要があります。
磨く時は、シリンダー内についた小さな傷を通ってフルード漏れを起こすことがあるため、ピストンの可動方向に磨く方法は適切ではありません。
可能ならば、シリンダー清掃専用のブラシで磨くのが望ましいと思います。
サビが酷い場合は、ホイールシリンダーAssy交換になります。
ホイールシリンダー内部の様子

ピストンは、うっすらとサビているように感じたので、ピカールで磨いておきました。
ゴムカップ取り外しですが、カッターで切れないくらい非常に硬く、ピックツールを使って取り外すことが出来ました。
ピストンは、新しいカップを取り付ける前に清掃して、薄くグリスを塗っておきました。

交換したホイールシリンダーカップキットは純正品番MB082497。
純正品は曙ブレーキ製で、メーカー名が思いっ切り刻印されていました。
ミニカのカップキットには、サイズがABS無しの5/8と、ABS有りの11/16があるので要注意です。
どちらか分からなければ、ホイールシリンダーに刻印されています。

ミヤコ/Miyaco カップキット WK-415 1セット

ピストンのゴムカップ交換ですが、完全にナメてかかっていました。
たかが、ゴム部品を交換するだけなのですが、このゴムが硬い硬い。

色々試しても上手くいかず、ピストンを地面に置いて、カップを上から体重をかけてやっと嵌めることが出来ました。
このゴム部品、少々手荒なことをしてもビクともしません。
ホイールシリンダーカップキット交換

一応、説明書に専用ツールを使う旨が記載されていましたが、まさかこんなに手こずるとは思わなかったので、用意していませんでした。

シリンダーカップコーンセット 4ピース STRAIGHT/19-7849

取り換えたカップ

カップを取り付ける方向にも注意が必要です。
ゴムが肉厚になっている部分が、圧力のかかるピストン断面側になるように取り付けます。
ブレーキシューが当たる側には、ダストブーツを取り付け、全体に薄くグリスを塗っておきました。
カップとブーツを取り換えたピストン

ピストン取り付け

ここまで来れば、後は楽勝です。シリンダー内にピストンを挿入していきます。
取り付け順は、低い側のピストン→スプリング→高い側のピストンの順が良いでしょう。
取り付けるスプリングの方向は、シリンダーの低い位置にある方が径の大きい方になります。
車のフロント方向が細くなると言えばよいでしょうか…。
ホイールシリンダーの組付け

ピストン取り付けは、素手で押し込めば入って行きます。
購入したカップキットには、グリスが付属しているので、ピストンだけでなく、ダストブーツにも塗りたくって水の侵入を防ぐことにしました。
ピストンのホイールシリンダー内への挿入

反対側は酷いことに…

左側のドラムブレーキのホイールシリンダーは、サビッサビになっていました。
ピストンが固着していて、素手で引き抜くことが出来ず、プライヤーを使って抜きました。
これはもうホイールシリンダーAssy交換になりそうです。
錆びたホイールシリンダーとピストン

因みにこの後、歯ブラシにピカールを塗って、シリンダー内を延々と磨くことになりました。
ピストンの方も錆びていて、いつまで磨いても埒が明かないので、適当に切り上げ、応急的にカップ交換しました。
後日、部品Assyを購入してホイールシリンダー交換しました。

ピストン取り付け後は、ドラムブレーキを外した順の逆で組付けていきます。
この後、ブレーキのエア抜き→ブレーキシューのクリアランス調整の順で作業します。
ブレーキフルードがほとんど抜けているので、結構な量のフルードが必要でした。
作業工程は、ブレーキフルード交換ドラムブレーキ オーバーホール② 組立・調整を参照。


大した作業でもないのに、外見上問題無さそうだと見過ごしていたおかげで、後になって大変な労力と費用を払う羽目になりました。
車検毎とは言いませんが、問題なくても定期的に交換するべきだと思い知りました。

ミニカ整備記録

関連記事

プレオのホイールシリンダー カップ交換

ホイールシリンダーはブレーキシューを動かす重要な部品で、長期間に渡る使用によってピストンに取り付けられた「カップ」と呼ばれるゴム製のシール材が劣化し、ブレーキフルード漏れを起こすため、定期的な交換が必要です。

ブレーキフルード交換

ブレーキオイルとも、ブレーキフルードとも言います。他のオイル同様、時間経過とともに劣化していくので定期的な交換が必要です。交換しないで使用していると、最終的に運転中にブレーキが効かなくなる可能性があります。

ドラムブレーキ オーバーホール① 分解・清掃

一般の軽自動車はフロントがディスクブレーキ、リアがドラムブレーキになっていて、車検前にはメンテナンスが必要になります。ドラム式はディスク式よりも構造が複雑であるため難度が高く、軽々しく分解できません。

ドラムブレーキ オーバーホール② 組立・調整

ドラムブレーキは組み立ては勿論、調整も大切な作業です。ブレーキシューのライニングとドラムとの隙間を接触ギリギリまで縮めなければいけません。しかも、ミニカのドラムのナットの締め付けトルクには規定値があります。

ドラムブレーキ・ホイールシリンダー交換

ドラムブレーキ分解作業で、ホイールシリンダー内部に錆が発生していました。ピカールで研磨してみましたが徒労に終わり、社外品の新品と交換することになり、大きな出費となりました。

ページのトップへ戻る