軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > ミニカ整備記録 > 足回り > ギアシフトシャフトオイルシール交換

ギアシフトシャフトオイルシール交換

ミッションオイル漏れ

ギアシフトシャフトオイルシールは、マニュアル車のシフトチェンジをする時に、運転席のシフトレバーとトランスミッションとをつなぐシフトシャフトのオイル漏れを防止しているオイルシールです。

頻繁に行われるシフトチェンジによるオイルシール部分の劣化によって、やがてミッションオイルが漏れ出てくるため、定期的な交換が必要です。

車の下に潜って各所を点検していると…。
ギアシフトシャフトのブーツ周辺に、何かオイルが滲んでいる感じが…。
ブーツをめくって確認すると、ギアシフトシャフトにミッションオイルがべっとり。
シフトコントロールシャフトからのオイル漏れ

早めに気付いて良かったです。
特に自分はユーザー車検派。整備工場で点検してもらえないので、これに気付かず放置して、ミッションオイルが無くなると、焼付きを起こしてしまいます。
オイル漏れの確認だけでも定期的に行うことの重要性を改めて実感しました。

シフトコントロールシャフト・ブーツとオイルシール購入

純正品番MR477996 オイルシール、M/T ¥330
よく目にする円形のオイルシールとは違って、あまり見ない形のオイルシールです。
交換するオイルシールとブーツは社外品が無いので、純正品を購入することになります。
ギアシフトシャフト・オイルシール

純正品番MD740129 ブーツ、M/T ¥270
ブーツに穴が設けられていて、オイルシールからオイル漏れが発生した時はこの穴からオイルが出て来るので、オイル漏れを知ることが出来ます。
シフトコントロールシャフト・ブーツ

ミッションオイルは、前回のオイル交換から25000㎞。まだ早いので、再利用します。
用心のため、一応ミッションオイルも安いやつを用意しておきました。

ミッションオイルを抜く

ミッションの1番下にある部品なので、ミッションオイルを全て抜くことになります。

いつものように車をジャッキアップ。今回は、下で叩く作業があるので、リッジトラックを掛け、車を揺すって問題ないことを確かめます。

ミッションオイルを抜く前に、エンジン前側にあるフィラーボルトを緩め、あとでオイルを注入できる状態にしておきます。
オイルを抜いた後に緩まないことに気付いても手遅れ。必ず確認します。

エンジン左側ドライブシャフト下にある24ミリのドレインボルトを外し、ミッションオイルを抜きます。
ミッションオイルを抜き終えたら、後で忘れてしまわないよう先にドレインボルトを締めておきます。
詳細は、ミッションオイル交換を参照。
ミニカ ミッションオイル抜きとり

ギアシフトリンクロッドを外す

ギアシフトリンクロッドのミッションケース側のボルトを外します。

そのままでは他の部品が干渉してボルトが取り外せません。
先にジョイント部を固定しているスクリューボルトを外し、ジョイントを緩めてからロッドを少し傾けると抜くことが出来ます。
ギアシフトリンクロッド取り外し

ボルトを引き抜いた瞬間、ロッドが顔面に落ちてくるので要注意。
ロッドを支えながらボルトを抜いていきます。

ジョイント部を取り外してブーツも外すと、ギアシフトシャフトが姿を現します。
シャフトはジョイント部が錆びていたので、後でピカールで磨いておきました。
錆びた ギアシフトシャフト

オイルシール引き抜き

オイルシールの金属部分にプレーバーを当て、プラスチックハンマーで叩いてオイルシールを外します。
オイルシールは奥まで圧入されているため、軽く叩いたくらいではビクともしません。
ギアシフトシャフトからオイルシールを打ち抜く

オイルシールが変形するくらいの力で、ハンマーを思いっ切り叩いてやっと外れました。
あとは、そのまま手で引き抜けます。
オイルシールが外れると、ミッションケース内に残っているミッションオイルが落ちてくるので下で受けます。
外れた ギアシフトシャフト・オイルシール

オイルシール打ち込み

新品のオイルシールと、ついでに錆びていたシャフト部分にも錆防止のため、シリコングリスをたっぷり塗っておきました。
ただし、シャフトとオイルシールの接触部分のゴムには、オイルシール円筒内からリチウムグリスをてんこ盛りしました。
新しい ギアシフトシャフト・オイルシール

オイルシールは手では絶対入りません。
オイルシールに塩ビパイプを当ててハンマーで打ち込みます。
この塩ビパイプは規格外のモノの様で、ホームセンターを物色しても適当なものが見つかりませんでした。少しマニアックな塩ビパイプを販売している店で偶然発見したものです。
最初はやさしく叩いていたのですが、一向に入っていかないため、最後は思いっきりぶっ叩きました。
シフトコントロールシャフト・オイルシールの打ち込み

オイルシールは奥までは打ち込みません。
作業前に元のオイルシールの位置を測っておいた方が良いです。
オイルシールの円筒部分が5ミリくらい見えるくらいの位置です。

元のオイルシールの圧入されていた位置まで入れればOKです。
何度も打ち込んでいると、本来の位置より奥に入って行くので力加減は程々に。
ギアシフトシャフトオイルシール取り付け

シャフトブーツを取り付けます。ブーツは取り付けたオイルシールに嵌めるようになっています。

新品のブーツを取り付けている時に気付いたのですが、ブーツがきつくてなかなかハマりませんでした。
古いブーツはゆるゆるになっていて、そこから水が浸入し、ギアシフトシャフトの錆の原因になったと思われます。
シフトコントロールシャフト・ブーツの取り付け

ギアシフトリンクロッドを元に戻す

後は逆の手順で元に戻していくだけです。
ジョイント部分のOリングにはグリスを塗っておきます。

ジョイント部分ののスクリューボルトの回り止めの針金は、元通りに巻く必要がるのかよく分かりませんでしたが、新しい針金で元通りに巻いておきました。


ミッションオイルを入れて作業終了です。
抜いたミッションオイルは、そのまま再使用しました。
詳細は、ミッションオイル交換を参照。

ミニカ整備記録

関連記事

タイロッドエンドブーツ交換

ブーツはゴム製であるため経年劣化でヒビ割れを発生し、破れて中のグリスが漏れ出してジョイント部が錆びてしまえば、部品を丸ごと交換することになります。ラバープロテクタントを定期的に吹き付けていたので、走行距離20万キロまで持ちました。

ロアアームボールジョイントブーツ交換

ロアアームボールジョイントブーツの交換は、タイロッドエンドやナックル、ストラットを外さなければならず、交換作業が非常に面倒です。タイロッドエンドブーツを交換する機会に、一緒に交換することにしました。

ミッションオイルシール交換

ミッションオイルシールは、ドライブシャフトとミッションケースの間に取り付けられているオイルシールで、結合部からのミッションオイル漏れを防ぐ役割を果たしています。オイル漏れを発見しやすく、交換時期の分かりやすい部品です。

ステアリングラックブーツ交換

車検前に車の下に潜ってチェックしていると、ステアリングラックブーツの破れを発見しました。ステアリングラックブーツを交換するにはタイロッドエンドを外す必要がありサイドスリップ調整が狂ってしまいます。

ドライブシャフトブーツバンド交換

ブーツとドライブシャフトの隙間からのグリス漏れを発見しました。幸いブーツは破れていませんでしたが、ドライブシャフトブーツを交換する前に、ブーツバンドを交換して最後の悪あがきを試みました。

ドライブシャフトブーツバンド交換やり直し

前回交換したブーツバンドの取り付け方が気に入らなかったので再度やり直しました。ブーツバンドは交換までグリス漏れなどのトラブルはなかったので、安心して同じ製品のものを使用しました。

パンク修理

深夜にタイヤに釘が刺さっているのを発見しました。タイヤパンク修理キットを車載しているので、すぐにDIYで修理しました。リペアゴムを挿入する時に、失敗してやり直してしまいました。

ページのトップへ戻る