軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > ミニカ整備記録 > ジャッキアップポイント

ミニカのジャッキアップポイント

下回りメンテナンス作業の基本

ミニカのメンテナンスノートに書かれているジャッキアップ方法は、ドアの下側にあるサイドシルと呼ばれる部分にジャッキをかけるように解説されています。
あくまでも、車載ジャッキを使った簡易な作業を行うための解説で、フロアジャッキを使ったジャッキアップの解説はありません。

ここでは、メンテナンスノートに書かれていないジャッキアップ方法を解説しますが、これまで自分が行ってきた方法であり、同様の行為を取られる場合は自己責任でお願いします


エンジン下部をメンテナンスするためには車の下に入って作業しなくてはなりません。
そのためにはジャッキで車を持ち上げる必要があります。

車載ジャッキは、パンクなどの緊急時に一時的に車を持ち上げるために装備されているもので、車の下に入って作業するためのものではありません。
これは、フロアジャッキ等、どのジャッキにも言えることで、車の下に入ることは非常に危険な行為であることを認識するべきです。

ジャッキで車を持ち上げた時は、必ずジャッキスタンドなどの車を支えることの出来るツールを用いて作業を行います。

フロントのジャッキアップ

車前方のジャッキアップポイントは、フレーム部分になります。

車前部のフレームの中央にジャッキをかけ、車を持ち上げます。
そのままジャッキスタンドをジャッキの両側に入れ、ジャッキを下げます。
タイヤを外す作業を行う時は、車を持ち上げる前にフロントタイヤのホイールナットを緩めておくことを忘れずに。
両方のタイヤが持ち上がってしまうと、ギアを入れていてもタイヤは空転します。
ミニカのジャッキアップポイント

ジャッキスタンド同士の距離をなるべく離して、安定性を高めたいのですが、フロントバンパーを留めているプラスチックリベットが邪魔になっています。
こう見えても車は安定していて、思いっ切りゆすってみてもビクともしません。
フレームが傷つくので、古い100均サンダルを切って間に挟んでいます。

折りたたみ式 ジャッキスタンド 2t 2個セット

ミニカ フロントのジャッキアップポイント

リアのジャッキアップ

車後方のジャッキアップポイントは、アクスル部分、後輪車軸になります。
後方から見てアクスルの手前にある、ラテラルロッドは絶対にジャッキアップしないように要注意です。曲がって破損します。
ミニカ リアのジャッキアップ

アクスルの中央にジャッキをかけて持ち上げますが、車載ジャッキのようなパンタグラフジャッキを使おうとすると車の下に入った状態でジャッキアップすることになります。
万が一、ジャッキが外れると、車体が頭を直撃して危険なのでフロアジャッキを使います。

大橋産業 BAL フロアジャッキ 2トン

ミニカ リアのジャッキアップポイント

ジャッキスタンドを入れる時は、ジャッキが外れても良いように頭を低くしながら入れています。
正直、ジャッキスタンドを入れるたびに怖いです。
フロアジャッキを外す時は、油圧ロックの解除を少しだけにしてゆっくり降ろさないと、車がいきなりジャッキスタンドに落ちて危険なだけでなく、車軸が破損する可能性があります。
ジャッキアップする時は、ジャッキスタンドを入れる前にフロアジャッキを降ろして練習したほうが良いです。


ジャッキアップは基本的にサイドシルで行うようにすることです。
以前、ディーラーで尋ねたことがありますが、ここに書いたジャッキアップポイントは知りませんでした。…というより、メーカー非推奨のポイントなので、知らないと答えたのかもしれません。
ディーラーでは、サイドシルにゴム板を挟んでリフトを使って車を持ち上げています。

ミニカ整備記録

関連記事

エアインテーク取り外し

プラグ交換などのエンジン上部からアクセスする時は、必ずと言っていいほどエアインテークタンクを取り外す必要があります。

センターコンソール取り外し

カーオーディオ取り付けなど、車内の電装品を弄る時に頻繁に外すことになるセンターコンソール。初めて自分で外した部品はこれでした。

プレオのジャッキアップポイント

整備の下準備であるジャッキアップ。
メンテナンスノートに記載されていないフロアジャッキをかける場所とジャッキスタンドをかける時の注意点。

ページのトップへ戻る