軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > ミニカ整備記録 > エンジン関係 > PCVバルブ洗浄

PCVバルブ洗浄

車検時の点検項目

PCVバルブは、シリンダーヘッド内で発生したブローバイガスをスロットルボディへ還元し、再利用するために取り付けられた逆流防止弁です。
小さな部品ですが、壊れるとエンジンのアイドリング不調の原因の1つになります


タペットカバーに取り付けられているので、エアインテークタンクを取り外す必要があります。
詳細はエアインテーク取り外し参照。
3G83エンジンに取り付けられたPCVバルブ

PCVバルブはゴム製のガスケットを介してタペットカバーに取り付けられています。
ガスケットが硬化していると、取り外した時に破片がシリンダーヘッド内に落ちてしまう可能性があるので要注意です。落としてしまった時は、タペットカバーを外さなければいけません。
PCVバルブはプラスチック製なので、無理な力をかけると破損します。根元部分を持ってゆっくり引き抜きます。
取り外したPCVバルブ

PCVバルブは逆流防止弁になっていて、シリンダーヘッド側からスロットルボディ側へは通気しますが、逆方向には通気しません。
チェック方法はいたって簡単で、口で息を吹き込んで確認します。
息を吹き込んでみると弁が開きっぱなしになっていて、どちら側にも通気していました。
PCVバルブ

見てみるとオイルのスラッジが弁の隙間に入り込んでいて、弁が閉じなくなっていました。
ブレーキパーツクリーナーで、バルブを洗浄してスラッジを吹き飛ばしました。
再確認では、問題なく片側だけに通気していました。
PCVバルブの洗浄

大気汚染防止のために取り付けられていて、車検での点検項目の1つになっています。
似たようなチェック方法で確認する装置にチャコールキャニスターがありますが、それよりもチェックしやすい部品です。
車検場の検査官にチェックされることはありませんが、オイルスラッジが詰まり易いので、車検前にはにチェックしておきましょう。
PCVバルブのチェック

ミニカ整備記録

関連記事

スパークプラグ交換

スパークプラグ交換記録。軽自動車はエンジン回転数が普通車よりも高いため、プラグの寿命が短くなります。エンジンの良好な状態を保つためには定期交換は必要ですが、3G83エンジンのプラグ交換は専用のプラグレンチが無いと交換できません。

スパークプラグOリング&タペットカバーパッキン交換

プラグ交換をしようとイグニッションコイルを抜いてみると、プラグホールパッキンからオイルが漏れ出し、イグニッションコイルがオイルまみれになっていたのでスパークプラグOリングとタペットカバーパッキンを両方交換しました。

ページのトップへ戻る