軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > ミニカ整備記録 > ランプ交換 > ポジションランプ交換

ポジションランプ交換

定期交換部品

ポジションランプはスモールランプ、車幅灯とも呼ばれ、交換保安部品であり、ユーザー車検を受ける時のチェック必須事項の1つです。
ポジションランプが切れた状態では車検に通りません。

普通の自動車の場合、ポジションランプ交換作業は、カバーを外してバルブを取り換えるだけの作業で終わることが多いと思います。
ところがミニカの場合、他の部品が邪魔になって簡単に交換することが出来ません。

特に、右側のポジションランプ交換の場合は、エアクリーナーボックスが邪魔をしているため、エアクリーナー関係の部品を全て取り外す必要があります。
これはヘッドランプ交換の場合も同様のことが言えます。

左側は、右側ほど面倒ではありませんが、作業性向上のため冷却水のリザーバータンクも取り外すことになります。

エアクリーナーボックスの部品取り外し

右側のポジションランプ交換から始めます。
エアインテークレゾナンスタンクとエアダクト、さらにエアクリーナーボックスも外します。
詳細は、エアインテークタンク取り外しを参照。ミニカ エアクリーナーボックスの取り外し

ポジションランプカプラーは、ヘッドライトバルブの右上奥にあります。
他のコードが邪魔をしていて見えにくい上に、作業もしにくくなっています。
指がやっと入るような状況で、非常に狭くなっています。
ポジションランプ 場所の確認

ポジションランプ引き抜き&ランプ交換

ポジションランプカプラーは、反時計回りに回すと抜けます。
カプラーは固着している場合が多く、手で回すことが出来ない時は、カプラーを壊さないようにプライヤーで軽く挟んで回しています。

カプラーは、破損させて取り付け出来なくなると、かなり厄介なことになります。
カプラー外し専用工具を使えば、破損させないで取り外すことが出来ます。

メリー カップリングツール HS175C

ポジションランプ右側カプラーの取り外し

はめ込みがピッタリの位置でないと抜けないので反対側から見て確認します。
作業を邪魔するコードは配線チューブにまとめられていて、自由に取りまわすことが出来ません。
ポジションランプコネクターの取り外し

ポジションランプカプラーにはソケットがセットされています。
ストッパーを解除すれば外すことが出来ますが、このままで電球を交換できます。
取り付けるランプは、T10 12V/5W。ソケットから引き抜いて交換するだけです。

スタンレー メーター ウインカー ポジション 2個入り 12V5W 【T10】

ポジションランプ ソケットの取り外し

ランプを交換、点灯することを確認し元通りに取り付け、取り外したエアクリーナー関係の部品をて右側は終了です。
ついでにエアエレメントのチェックをして、上下をひっくり返してセットしています。

左側のポジションランプは簡単

左側は冷却水のリザーバタンクが邪魔なので取り外します。
タンクのキャップを外してホースを引き出すと、作業スペースを確保出来ます。

今度はウォッシャー液タンクフィラーが邪魔をしています。
これは取り外すことが出来ないので、この状態での作業になります。
右側同様、ポジションランプを反時計回りに回して取り外します。
左側のポジションランプを取り外す

ポジションランプのカプラーから切れたバルブを引き抜いて、新しいバルブを取り付けます。

点灯を確認してカプラーを戻し、リザーバータンクも元に戻して左側終了です。
右側と比べれば簡単です。
ポジションランプの点灯確認

ヘッドライトバルブ、ポジションランプともに、約2年で切れてしまいます。
同時に切れてくれれば作業の手間が省けるのですが…。

以前、激安のLEDバルブに交換したことがありますが、3ヶ月で壊れて以来、手を出していません。
激安のLEDバルブですが、発熱によってソケット挿し込み部分のプラスチックが黒く焦げてしまい、使い物になりません。

パーツが破損し、純正新品の購入が高額になるときは中古部品で賄うのも1つの方法です。
車各種メーカーの純正部品、パーツ、中古部品、リビルド品を扱っている通販サイトで、適合確認も行ってくれます。
GPinnovation

ミニカ整備記録

関連記事

ヘッドライトバルブ交換

一般の車のヘッドライトバルブの交換は、簡単な作業で交換できるように設計されていますが、ミニカの場合、特に右側のバルブ交換になるとエアクリーナーボックスが邪魔でエンジン上に取り付けられているインテーク一式を取り外す必要があるため、交換作業が非常に煩雑になります。

ナンバー灯交換

ナンバーランプの交換はナンバー灯Assyの位置と取り外し方、さらにナンバー灯Assyの分解も分かり難くなっています。ここでは、ナンバー灯Assyの位置と消耗品であるガスケットも含めたランプ交換の方法を詳述しました。

ブレーキランプ交換

ブレーキランプは後方にあるため自分1人で確認する方法も限られています。片方だけが切れていても立派な整備不良で違反になりますが、違反切符を切られたという話は聞きません。ただ、両方切れていれば一発で切符を切られます。

ハザードランプスイッチバルブ交換

ハザードランプスイッチバルブは、2年に1回くらいのペースで切れています。ミニカのハザードバルブは社外品の設定もなく、純正品以外は取り付けることが出来ないため、ディーラーで購入することになります。

メーターバルブ交換

メーター球切れは車検で不合格になるため、交換は必至です。メーター球の他に、被せてあるカラーキャップも劣化していれば交換することになります。交換後、ブルーLEDを購入してメーターパネルに取り付けると良い雰囲気になりました。

エアコンランプ交換

エアコン電球は切れていても運転に支障があるわけではありませんが、夜間にエアコンパネルにあるスイッチを切り替える時にはやはり必要になります。センターコンソールの取り外しは車弄りの基本なので、特に問題なく交換できました。

ページのトップへ戻る