軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > ミニカ整備記録 > 足回り > タイロッドエンドブーツ交換

タイロッドエンドブーツ交換

ブーツからのグリス漏れ

タイロッドエンドブーツは、タイロッドエンド内部のベアリングを保護するためにグリスが充填されているゴムパーツです。
ゴム製なので経年劣化でヒビ割れていき、いずれ破れて中にあるグリスが漏れ出します。

タイロッドエンドブーツが破れた状態では車検には通りません。

ブーツ内のグリスが無くなり、内部に水が浸入するとベアリングが錆びてしまいます。
そうなると、タイロッドエンド本体を交換することになり、ブーツ交換よりも高額な修理費用を支払うことになります。
ゴムパーツは車検前だけでなく、日頃から点検しておくべき部位です。
グリス漏れしたタイロッドエンドブーツy

ゴムパーツには、時々ラバー保護剤を吹き付けていました。
そのおかげで、走行距離が20万キロも持ったので寿命としては十分です。
普通、この距離までは持たないと思います。
ラバー保護剤は、ブーツ、ベルト類のゴム製品には、かなりの効果があるのでお勧めです。

KURE ラバープロテクタント 300ml

タイロッドエンドの分離

タイロッドエンドブーツを交換するには、タイロッドエンドをナックルから切り離さなければいけません。

熟練者ならば、ナックルをハンマーで叩いて外すことが出来ますが、シロウトには難度が高く、専用工具を使った方が部品の破損を防げるし、安全に取り外せます。

AP タイロッドエンドプーラー TL204

タイロッドエンドのボルトを緩め、プーラーをセットします。
注意するのが、ボルトを完全に外してしまわないこと。

ボルトがネジにしっかり噛んでいる状態で使用しないとネジ山を破損するだけでなく、外れたタイロッドエンドが思わぬ方向に飛んで行って非常に危険です。
タイロッドエンドプーラーをセットする

セットしたら、タイロッドエンドプーラーのボルトを少しずつ閉め込んでいきます。

外れる瞬間「ガコッ」と大きな音がします。何度作業しても、この音だけは慣れません。
外れると同時にプーラーが落下するので、ヒモでくくっておいた方が良いでしょう。
タイロッドエンドプーラーでタイロッドエンドを外す

ブーツの取り外し

タイロッドエンドはロッドに固定されています。
ロッドはユニバーサルジョイントになっていて、ある程度フレキシブルに動かすことが出来ます。

古いタイロッドエンドブーツは潰れきっていて、中にあったグリスがブーツの隙間から少しずつ漏れ出てしまったようです。
外したタイロッドエンド

タイロッドエンドを、ブーツを外し易い位置に固定し、端の部分を叩いて外します。
下に木材を置いて、プレーバーを当てがってハンマーで叩いて外しました。
タイロッドエンドからタイロッドエンドブーツを取り外す

外れたブーツには、液体ガスケットが塗ってありました。
普通、単純にハメてあるだけで、液体ガスケットは塗らないはずなのですが…。
グリスも劣化して色が変色しているようで、ちょうど良い交換時期でした。
タイロッドエンドと取り外したブーツ

ブーツの取り付け

ジョイント部分の古いグリスを除去します。
ジョイントをぐりぐりと回していくと、中まで入ったグリスも少しずつ出てくるので、丹念にふき取ります。
タイロッドエンドの古いグリス拭き取り

ジョイントの可動部分に問題がないことを確認しておきます。
錆が発生していてジョイントの動きが悪ければ、タイロッドエンドAssy交換になります。

タイロッドエンド SE-7301(左右共通)MR476457 MR535996

新しいグリスをジョイント部分に塗りつけて、ぐりぐり回してグリスを馴染ませます。
充填するグリスは、シャーシーグリスを使いました。タイロッドエンドに新しいグリスを注入

古いグリスもシャーシーグリスの様で、特殊なグリスを使っても意味は無いと思います。
タイロッドエンドに注入するグリスの量は、ジョイント部分が隠れる程度で十分です。
多すぎるとブーツがパンパンになります。
タイロッドエンド グリス量

交換するタイロッドエンドブーツの純正品番はMB616023。
社外品が安いですが、数百円のモノなので、純正でもあまり変わりないと思います。

大野ゴム工業(OHNO) タイロッドエンドブーツDC-1520

ミヤコ自動車工業(Miyaco) ダストカバーブーツTBC-004

ブーツをタイロッドエンドの上に乗せます。
グリスを充填しすぎるとグリスが漏れ出てきます。グリスの量はほどほどに。
新しいタイロッドエンドブーツを被せる

上からブーツの縁を叩いてはめ込んでいきますが、塩ビパイプを使ってハンマーで叩きました。
使った塩ビパイプのサイズは、ホームセンターで売っているTS30のモノがピッタリ合います。
ウォータポンププライヤーがあれば、挟み込んでハメていく方法もあります。
塩ビパイプwp使ってタイロッドエンドブーツを打ち込む

ブーツとタイロッドエンドとの隙間がなくなるまで叩いてインストール完了です。
最後まで叩ききる直前に、隙間にパーツクリーナーを吹き付けて脱脂し、液体ガスケットを塗っておきました。
ただ、ピッタリと嵌っているので水の浸入の心配はなく、液体ガスケットを塗る必要ないと思います。
交換したタイロッドエンドブーツ

元に戻す

外したタイロッドエンドをナックルに取り付けます。

タイロッドエンドのジョイント部分はユニバーサルジョイントになっているので、ボルトを締め付ける途中からボルトが空回りして締め付けられなくなります。

タイロッドエンドを上から押さえつけながらボルトを締め付けていきます。
ボルトの締め付けトルクは30~34N・mで締めています。
タイロッドエンド 空回り ナックル取り付け

ミニカ整備記録

関連記事

ロアアームボールジョイントブーツ交換

ロアアームボールジョイントブーツの交換は、タイロッドエンドやナックル、ストラットを外さなければならず、交換作業が非常に面倒です。タイロッドエンドブーツを交換する機会に、一緒に交換することにしました。

ミッションオイルシール交換

ミッションオイルシールは、ドライブシャフトとミッションケースの間に取り付けられているオイルシールで、結合部からのミッションオイル漏れを防ぐ役割を果たしています。オイル漏れを発見しやすく、交換時期の分かりやすい部品です。

ギアシフトシャフトオイルシール交換

シフトチェンジをミッションに伝えるためのシャフトとミッションケースをつなぐ部分のオイルシールからオイルが漏れていました。オイルシール部分をカバーするブーツも劣化していたので同時交換しました。

ステアリングラックブーツ交換

車検前に車の下に潜ってチェックしていると、ステアリングラックブーツの破れを発見しました。ステアリングラックブーツを交換するにはタイロッドエンドを外す必要がありサイドスリップ調整が狂ってしまいます。

ドライブシャフトブーツバンド交換

ブーツとドライブシャフトの隙間からのグリス漏れを発見しました。幸いブーツは破れていませんでしたが、ドライブシャフトブーツを交換する前に、ブーツバンドを交換して最後の悪あがきを試みました。

ドライブシャフトブーツバンド交換やり直し

前回交換したブーツバンドの取り付け方が気に入らなかったので再度やり直しました。ブーツバンドは交換までグリス漏れなどのトラブルはなかったので、安心して同じ製品のものを使用しました。

ページのトップへ戻る