軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > ミニカ整備記録 > 足回り

ミニカ整備記録

足回り

ミッションオイル交換

メンテナンスノートでは10万㎞で交換とありますが、ギアを繋いだ時の違和感が気なったのと、やはり早めの交換が望ましいと思ったので交換しました。
交換作業はエンジンオイル交換とほとんど変わりません。

パワーステアリングオイル交換

パワーステアリングオイルは交換することの少ないオイルですが、古いパワステオイルを見ると真黒になっています。
オイルである以上、劣化することは必至。希釈交換法ではなく本格的な全量交換をしています。

タイロッドエンドブーツ交換

ブーツはゴム製であるため経年劣化でヒビ割れを発生し、破れて中のグリスが漏れ出してジョイント部が錆びてしまえば、部品を丸ごと交換することになります。ラバープロテクタントを定期的に吹き付けていたので、走行距離20万キロまで持ちました。

ロアアームボールジョイントブーツ交換

ロアアームボールジョイントブーツの交換は、タイロッドエンドやナックル、ストラットを外さなければならず、交換作業が非常に面倒です。タイロッドエンドブーツを交換する機会に、一緒に交換することにしました。

ミッションオイルシール交換

ミッションケースとドライブシャフトの隙間からオイルが漏れていました。ミッションオイルシールを交換するには、ドライブシャフトを引き抜かなくてはならず、足廻りの部品を取り外すため大掛かりな作業になります。

ギアシフトシャフトオイルシール交換

シフトチェンジをミッションに伝えるためのシャフトとミッションケースをつなぐ部分のオイルシールからオイルが漏れていました。オイルシール部分をカバーするブーツも劣化していたので同時交換しました。

ステアリングラックブーツ交換

車検前に車の下に潜ってチェックしていると、ステアリングラックブーツの破れを発見しました。ステアリングラックブーツを交換するにはタイロッドエンドを外す必要がありサイドスリップ調整が狂ってしまいます。

ドライブシャフトブーツバンド交換

ブーツとドライブシャフトの隙間からのグリス漏れを発見しました。幸いブーツは破れていませんでしたが、ドライブシャフトブーツを交換する前に、ブーツバンドを交換して最後の悪あがきを試みました。

ドライブシャフトブーツバンド交換やり直し

前回交換したブーツバンドの取り付け方が気に入らなかったので再度やり直しました。ブーツバンドは交換までグリス漏れなどのトラブルはなかったので、安心して同じ製品のものを使用しました。

パンク修理

深夜にタイヤに釘が刺さっているのを発見しました。タイヤパンク修理キットを車載しているので、すぐにDIYで修理しました。リペアゴムを挿入する時に、失敗してやり直してしまいました。

ミニカ整備記録

ページのトップへ戻る