軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > プレオ整備記録 > ブレーキ関係

プレオ整備記録

ブレーキ関係

1人ブレーキフルード交換

ブレーキフルードは、2~3年で性能が劣化するため交換する必要があります。
交換は2人で行うのが基本になりますが、今回、1人でのブレーキフルード交換作業にトライしてみました。

ブレーキキャリパー オーバーホール

長期間にわたるブレーキの使用によって、ブレーキキャリパー内にあるピストン部分のオイルシールが劣化すると、やがてオイル漏れを起こしてブレーキが効かなくなってしまいます。
ユーザー車検を機にオーバーホールをしました。

ドラムブレーキ オーバーホール① 分解

ドラムブレーキは重要保安部品に指定されていて、車検毎にドラムを取り外して点検・整備を行うよう義務付けられています。
細かい仕様は各自動車メーカによって差はありますが基本構造は同じです。

ドラムブレーキ オーバーホール② 組立

ドラムブレーキの分解作業に続いて組立て作業を行いました。
ドラムブレーキの基本構造はどの車も共通していて、車種が違っていてもグリスアップ箇所や部品は共通していて作業内容はほとんど同じです。

ドラムブレーキ オーバーホール③ 調整

ドラムブレーキを組立てた後は、必ずドラムブレーキ調整を行う必要があります。
ドラムブレーキ調整についての解説と作業、加えてサイドブレーキ引きしろ調整についても解説しました。

ホイールシリンダー カップ交換

ホイールシリンダーはブレーキシューを動かす重要な部品で、長期間に渡る使用によってピストンに取り付けられた「カップ」と呼ばれるゴム製のシール材が劣化し、ブレーキフルード漏れを起こすため、定期的な交換が必要です。

プレオ整備記録

ページのトップへ戻る