軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > プレオ整備記録 > ブレーキ関係 > ホイールシリンダー カップ交換

ホイールシリンダー カップ交換

ホイールシリンダーからのフルード漏れ

ホイールシリンダーは、重要保安部品であるドラムブレーキを構成する部品の1つです。

ブレーキシューが組付けられていて、油圧によってホイールシリンダー内のピストンを動かすことで、ブレーキシューをドラムに押しつけて車を制動します。

長期間に渡る使用によって、ピストンに取り付けられた「カップ」と呼ばれるゴム製のシール材が劣化し、ブレーキフルード漏れを起こすため、定期的な交換が必要です。


カップ交換作業には、ドラムブレーキを分解する必要があります。
詳細はドラムブレーキ オーバーホール① 分解を参照。

ピストンダストブーツをめくってフルード漏れをチェックすると、塗られたグリスに混じって液体が漏れ出たような跡が見えます。
ハッキリとフルード漏れと判断できませんが、ここは見過ごすことのできない重要な箇所。
ホイールシリンダーからのフルード漏れ

万が一、フルード漏れを起こしているのなら、ホイールシリンダーに何らかの異常があるはずで、最終的にはホイールシリンダー交換という高い修理費を払うことは既に経験済み。

早期に対処することが車の安全、ひいては高い出費を抑えることに繋がります。

ピストン取り出し

ダストブーツを取り外します。
これからピストンを引き抜くので、ブレーキホースにはホースクランプを挟んでブレーキフルード漏れを最小限にしておきました。

ラインロッククランプ 155mm STRAIGHT/19-133

ブレーキフルードを交換するならば、クランプで挟んでおく必要はありません。
リザーバータンクから、出来るだけブレーキフルードを抜き取っておくと、流出するフルードも最小限に抑えることが出来ます。
ホイールシリンダー ダストブーツ取り外し

ピストンを抜き取ります。
ピストンに固着が無ければ手で引き抜くことが出来ます。
固着していればプライヤー等で引き抜くことになりますが、その時点でホイールシリンダーの中はサビているはずなので、ホイールシリンダーは交換になると思います。
ホイールシリンダー ピストン引き抜き

ピストンが抜けた瞬間、ブレーキフルードが出て来るので下に紙コップを用意して受けます。
ブレーキホースをクランプしているので、出てくるフルードは少量でした。
クランプしていない場合、リザーバータンクからパイプ内にあるフルード全てが出てくることになります。
ブレーキフルードは塗装を激しく侵食します。
バックプレートの塗装面に付着したまま放置すると塗装が剝がれてしまう
ので、後でパーツクリーナーでしかっり洗い流します。

シリンダー内にはスプリングが入っているので取り出します。
このスプリングですが、円錐コイルばねになっていて、径の小さい方が車両後方になるように挿入されていました。
ホイールシリンダー スプリング取り外し

反対側も同様にピストンを取り出します。

ホイールシリンダー研磨

シリンダーの中を見てみると予感的中。しっかりサビが発生していました。
フルード漏れの有無に関わらず、分解してみて正解でした。
ディーラーなら、サビを除去して再利用したりせず、この時点で最も確実なメンテナンスであるホイールシリンダーAssy交換になります。
DIYメンテナンスなので、ここから悪あがきをします。
錆びたホイールシリンダー

2000番の耐水ペーパーにブレーキフルードを浸し、指に巻いてシリンダー内を磨いていきます。
注意点は絶対に水平方向に磨かないことです。
水平方向に磨くと、研磨傷を伝わってフルードが外部に漏れ出す可能性があります。
必ず円周に沿って、指を回転させながら磨いていきます。
ホイールシリンダー 研磨

パーツクリーナーで、シリンダー内に残っている研磨剤を吹き飛ばします。
とりあえず、サビは除去できました。
指を中に入れて、内部が滑らかになっていることを確かめます。
問題なく再使用できるとは思いますが、機会を見つけてドラムを外して再チェックして、フルード漏れがあればホイールシリンダーAssy交換になります。

ミヤコ自動車工業 スバル プレオ R系用リアホイールシリンダー WC-F178

私のプレオのホイールシリンダーの純正品番は26705KE000になりますが、純正品は少なくとも26705KE000~26705KE004まで複数存在します。
年式によって純正品番が異なることはプレオのお約束。

「複数種類あり」 ホイール シリンダ『図の略番 26705 のみ』スバル純正部品

社外品は、ある程度共通して使えるようですが、いずれにしても適合確認は必須です。
社外品は純正品より安いですが、それでもそれなりの出費になります。
磨いたホイールシリンダー

サビが発生した主な原因は2つ。

いずれにしても、定期的なメンテナンスを怠ると、それなりの代償を支払うことになります。

カップ取り外しとピストン研磨

取り外したピストンのカップは、エッジの部分が潰れていて平らになっています。
本来はもっと厚みがあり、ここでブレーキフルードをシールしています。
ホイールシリンダー ピストン

ピックツールでピストンに取り付けられているゴム製のカップを外します。
なるべくピストンを傷つけないように作業しますが、カップは相当硬いため、傷つけずに取り外すのは難しいです。
ホイールシリンダー カップ取り外し

取り外したピストンにも、ホイールシリンダー同様にサビが見受けられたので、2000番の耐水ペーパーで軽く磨くことにしました。
こちらもブレーキフルード漏れ防止のため、絶対に水平方向に磨きません。
必ず円筒に沿って、指を回転させながら磨いていきます。
ホイールシリンダー ピストン磨き

自作カップコーンでカップ取り付け

交換する部品は一式セットで供給されています。
純正品番 26290KA050 :ホイールシリンダーリペアキット

プレオ用 ホイールシリンダリペアキツトB 26290KA050 スバル純正部品

社外品は純正品と同等の品質で、より安価で入手できます。
消耗品なので、いつも社外品を使用しています。
部品注文時には適合確認してもらえるので、メールフォームに車検証に書かれている車体番号等を記載して送信します。

ミヤコ/Miyaco カップキット WK-731

セイケン カップキット 240-61953 (SK61591R3)

今回、フロントブレーキも同時にオーバーホールすることにしたので、フロント・リアセットで販売されているミヤコ製のモノを購入しました。
各メーカーの車種別に細かく設定されているので、見つけ易くなっています。

キャリパーシールキット カップキット前後セット プレオ

商品内容は、ホイールシリンダーカップ×4、ダストブーツ×4の計8点。
キャリパーシールキットにはグリスが付属していましたが、こちらには付属していませんでした。

カップは相当固いゴムで、マイナスドライバーやピックツールでの取付けには相当手こずります。
楽に取り付けられる専用の取り付け工具が販売されています。

シリンダーカップコーンセット 3ピース STRAIGHT/19-7860

業務用のシリコンシーラント用のノズルが使えそうだったのでカップコーンを自作してみました。

セメダイン:シリコーン替えノズル N3

ノズルをカッターで切断するだけです。
切断面の径がピストン径よりも大きくないと、カップを取り付けることが出来ません。
切断前に測ってみると、ノズルの付け根部分から切断しないと径が足りませんでした。

取り付けるカップには向きがあり、肉厚部分がピストン断面側になるので注意します。
ノズルの先端からカップを入れて押し下げていき、カップ径を広げていきます。
自作カップコーンにグリスを塗って滑りやすくしておけば、大きな力は必要ありませんでした。
自作カップコーン

カップをノズルの底ギリギリまで押し下げれば、ほぼピストン径まで広がります。
ゴムの張力で上がってくるかと思いましたが、底で止まったままでいてくれました。
自作カップコーン カップをセット

自作カップコーンの底をピストンに密着させて、両指を使ってカップを一気にピストン側に引き、カップをピストン側に移動させます。
あらかじめ、ピストンにはグリスを塗っておきます。
ホイールシリンダー ピストンにカップを取り付け

そのまま指で引くと、カップが一瞬でピストンの溝に滑り込みます。
カップがピストン側へ移動した瞬間、カップコーンはどこかへ飛んでいきました。
こんなに簡単に出来るとは思いませんでした。
これならカップを傷めずにピストンに取り付けることが出来ます。

交換前のカップと見比べてみると、エッジの部分に厚みがあることが分かります。
カップだけにとどまらず、ゴム製部品は長期使用によって必ず劣化していきます。
カップ交換したピストン

ピストンにダストブーツを取り付け、薄くグリスを塗っておきます。
これは、グリスで密閉することによって外部からの水の侵入を防ぐためです。
シリコングリスでは落ちてしまうので、粘性が高く、ゴムを侵しにくいモリブデンラバーグリスを使用するのが良いと思います。
ブレーキのオーバーホールだけでなく、ブーツなどのゴム類の交換には必携です。ホイールシリンダー ピストンにダストブーツ取り付け

スミコー モリラバーグリス PGM-100

ピストン取り付け

ピストンをシリンダーに挿入していくと何の抵抗もなく入っていきます。
あらかじめダストブーツを裏返しておくと、シリンダーへの取り付けが楽になります。
ホイールシリンダー ピストン挿入

最後まで挿入した位置で、裏返していたブーツをシリンダーに被せるように元に戻していきます。
ブーツを被せる前に、ホイールシリンダーのブーツ嵌め込み位置にもラバーグリスを薄く塗って、外部からの水の侵入を防ぎます。

シリンダー反対側からスプリングを挿入します。
スプリングは円錐形になっていて、径の大きい方が車両前方側に取り付けられていたので、元通りに取り付けました。
ホイールシリンダー スプリング挿入

スプリングを奥まで挿入し、続いて先程と同じようにピストンを挿入します。
こちらも、ホイールシリンダーのブーツ嵌め込み位置にラバーグリスを塗っておきます。

取り付けたピストンがスムーズに動くか確認してカップ交換作業終了です。

この後、先にブレーキを組立ててからブレーキフルードエア抜き作業をしないとピストンが飛び出します。
詳細はドラムブレーキ オーバーホール② 組立・調整ブレーキフルード交換を参照。

この車を所有して最初のドラムブレーキメンテナンスでした。

すでに走行距離が約14万キロ。整備記録簿に記載がないので、カップは交換されたことが無かったのではないかと思います。
…というか、カップ交換なんかせず、ホイールシリンダーAssy交換するはずなので、ここはフルード漏れが無ければ殆どスルーされていたのではないかと思います。
数百円程度の部品交換より、数千円の部品交換の方が儲かりますし…。

ドラムは車検毎に開けることになるので、ホイールシリンダーのチェックまでしっかりメンテナンスしておきたいものです。

プレオ整備記録

関連記事

ミニカのホイールシリンダー カップ交換

車検前のドラムブレーキ分解作業で、ホイールシリンダーのカップを交換することにしました。右側は問題なく交換することが出来ましたが、左側は錆びだらけになっていて大変な目に遭いました。

1人ブレーキフルード交換

ブレーキフルードは、2~3年で性能が劣化するため交換する必要があります。交換は2人で行うのが基本になりますが、今回、1人でのブレーキフルード交換作業にトライしてみました。

ドラムブレーキ オーバーホール① 分解

ドラムブレーキは重要保安部品に指定されていて、車検毎にドラムを取り外して点検・整備を行うよう義務付けられています。細かい仕様は各自動車メーカによって差はありますが基本構造は同じです。

ドラムブレーキ オーバーホール② 組立て

ドラムブレーキの分解作業に続いて組立て作業を行いました。
ドラムブレーキの基本構造はどの車も共通していて、車種が違っていてもグリスアップ箇所や部品は共通していて作業内容はほとんど同じです。

ドラムブレーキ オーバーホール③ 調整

ドラムブレーキを組立てた後は、必ずドラムブレーキ調整を行う必要があります。
ドラムブレーキ調整についての解説と作業、加えてサイドブレーキ引きしろ調整についても解説しました。

ページのトップへ戻る