軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > プレオ整備記録 > エンジン関係

プレオ整備記録

エンジン関係

エンジンオイル・オイルフィルター交換

エンジンオイルは、機械油の持つ潤滑・洗浄・冷却・防錆の各性能に、気密性能を加えたエンジン専用のオイルです。
エンジンの使用によって各性能が低下していくため、定期的な交換が必要です。オイルとオイルフィルター交換方法を紹介しました。

エアエレメント交換

エアエレメントは定期交換部品です。
メンテナンスノートでは40000kmごとに交換するようになっています。
EN07エンジンは発生したブローバイガスを再濾過しているため、汚れやすくなっています。

スパークプラグ交換

メーカー指定のプラグ交換時期は2万キロになります。
プレオはボンネットを開ければ直にプラグまでアクセスできますが、交換作業が楽に行えるため、バンパーを外しての交換作業をしてみました。

クーラント交換

メンテナンスノートではプレオのクーラントは、2年または40000km毎で交換するようになっています。
プレオのマニュアル車には水抜き穴が設けられていないので一般的な方法で交換しました。

パワステベルト テンショナープーリー交換

エンジンから異音が出ていたのでパワステベルトのテンショナープーリーを交換しました。
純正品番は34243KC060でしたが、価格の安い社外品のAT-T025を使用しました。

パワステベルト アイドラプーリー交換

エンジンからの異音の修理のためテンショナープーリーを交換しましたが、異音の原因はアイドラプーリーの破損によるものでした。
アイドラプーリーを交換して、今度こそエンジンからの異音を解消しました。

プレオ整備記録

ページのトップへ戻る