軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > プレオ整備記録 > 取り付け・他 > フロントスピーカー交換

プレオ GF-RA1 フロントスピーカー交換

スピーカーの寿命

乗り始めてすぐに気が付きましたが、スピーカーから出てくる音がビリビリ割れていました。

20年も前に取り付けられたスピーカーなので、さすがに寿命が来ているはずです。

ケンウッドのスピーカーがモデルチェンジしたので、新規購入して取り付けました。

スピーカーの取り外し

プレオのスピーカーは、インストルメンタルパネルの左右にマウントされています。
スピーカーグリルは、マイナスドライバーを隙間に挿し込み、少しずつ持ち上げていけば外せます。
プレオ GF-RA1 スピーカーグリル取り外し

すぐ目の前にはフロントスピーカーが見えるので、ネジ4本を取り外して交換するだけです。

…が、思わぬところでトラブルが…。

スピーカーを固定している奥側のネジが、フロントガラスに近すぎてドライバーが入りません!
プレオ GF-RA1 純正スピーカー取り外し

狭い場所でネジ締めできるオフセットドライバーか、ラチェットドライバーが無いと無理じゃん!

アネックス オフセットドライバー 2本組 6002

ANEX 429 ベントアップ型 オフセット ラチェットドライバー 超短ビット9本組

そこで、手持ちの工具でひと工夫。
電動ドライバーのビットをロッキングライヤーで挟み込んで代用します。
自作オフセットドライバー

ビットをネジ穴にしっかり合わせて、上から押さえ付けながらプライヤーをゆっくり回転させていき、何とか外すことが出来ました。
奥側2か所のネジさえ外せれば、手前2つのネジは普通のドライバーで外せます。
狭い場所にあるネジの取り外し

古いスピーカーのコネクターを外します。
古いスピーカーからコネクターを抜く

外したスピーカーを見てビックリ!
コーン紙が完全に風化して、ちょっとした衝撃でもボロボロと崩れ落ちてきます。
エッジ部分はすでに消失していて、交換作業中に中央部も剥がれ落ちてしまいました。
86301KE000 スバル純正スピーカー

スピーカー交換

プレオ GF-RA1の純正スピーカーサイズは10cmで取り付け穴径は12cmです。
純正品番は86301KE000。裏側を見ると、インピーダンスは4Ωで出力は10Wでした。

カーオーディオメーカーのホームページを調べてみると、適合するスピーカーは12cmや10cmとメーカーによってまちまちで、確認が必要です。

口径の大きいモノを使いたかったので、長年愛用しているメーカで、価格もリーズナブルなケンウッドが、丁度スピーカーのモデルチェンジしていたこともあり、新規購入して取り付けることにしました。

ケンウッド KFC-RS124 12cmカスタムフィット スピーカー

説明書には、付属の変換ケーブルをスピーカーにセットして、車両側のハーネスコネクターと接続し、絶縁テープを巻いて取り付けるようになっています。
プレオ GF-RA1 スピーカーコネクター形状

テープでグルグル巻きにするのが嫌だったので、以前購入した16cmスピーカーに付属していた変換ハーネスを使いました。
変換ケーブルが付属していないスピーカーを購入すれば、スピーカー交換ハーネスを使うか、コネクターを切断して自分で配線加工することになります。

エーモン 2073 スピーカー変換ハーネス トヨタ・スバル車汎用

コネクター形状を見るとT型だったので、エーモンから販売されている汎用2極カプラーと合わせてみるとピッタリ合いました。これは自作出来ます。
エーモン工業 M282 カプラー2極

プレオ GF-RA1 フロントスピーカー交換

外した4本のネジを取り付けてスピーカーを固定します。
フロントガラスに近いネジ2か所は、次に外す時に面倒なのでビットで手締めしておきました。

取り付けたケンウッドのスピーカーは、12cmスピーカーと謳いながらも、スピーカーの口径は実質10cmで、取り付け径が10cmスピーカーと同じ12cmになっています。
ただ、10cmスピーカーが2点留めであるのに対し、12cmスピーカーは4点留め出来るようになっています。

ケンウッド KFC-RS124 12cmカスタムフィット スピーカー

スピーカーグリルを元通りに戻し、右側も同様に交換して作業終了です。
ツィーター部分が従来のものよりもサイズアップしているそうで、スピーカーグリルで隠してしまうには勿体無く思いました。
ケンウッド カスタムフィットスピーカー KFC-RS124 取り付け

インストルメンタルパネルにマウントされているため、フロントドアに取り付けている時よりも音がダイレクトに伝わってきます。

フロントガラスで反射した音も加わるため、今までと同じオーディオの音量では大き過ぎます。
ドアマウントのスピーカーでは、相当の音量が殺されていたようです。

前の車では16cmのスピーカーを使っていたので小さいかと思いましたが、十分なパワーを持っていました。

プレオ整備記録

関連記事

後付け電装品の移設

ミニカに取り付けていた電装品をプレオに移設することにしました。
オーディオカプラーやシガーソケットから電源を分岐して、カーオーディオ、ETC、カーナビ、レーダー探知機を取り付けることが出来ました。

リアスピーカー取り付け

フロントスピーカー交換に伴い、リアドアにもスピーカーを取り付けることにしました。
配線は運転席まで来ているのですが、オーディオへの配線は専用ハーネスが必要で、カプラーが合わないため配線を無理矢理引き出しました。

タコメーター取り付け

ミニカに取り付けていたタコメーターをプレオに移設することにしました。
古い車なのでメーカーサイトの適合も不明でしたが、ECUからエンジン回転信号を分岐させて無事に取り付けることが出来ました。

ドライブレコーダー取り付け

コムテックのドライブレコーダーを取り付けました。
駐車監視機能を利用するため、駐車監視・直接配線コードを加工してオーディオカプラーから電源を取りました。
また、長期間録画のため、非推奨ですが128GBのSDカードに交換しました。

ページのトップへ戻る