軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > プレオ整備記録 > ブレーキ関係 > ブレーキキャリパー オーバーホール

ブレーキキャリパーOH

重要保安部品

ブレーキキャリパーは、ディスクブレーキシステムを構成する部品の一つです。
ブレーキキャリパー内にあるピストンが油圧によって押し出され、ブレーキパッドを介してディスクローターに当たった時に生じる摩擦力で、車輪の回転を制動しています。

長期間にわたる使用によって、ピストン部分のオイルシールが劣化したり、ピストンなどにサビが発生すると、やがてオイル漏れを起こしてブレーキが効かなくなってしまいます。

また、ピストンが動かなくなり、常にブレーキがかかった「引きずり」と呼ばれる状態になると、ブレーキローターの摩耗や燃費悪化につながります。
走行後に前輪のホイールを触ってみて、異常に熱くなっていたらブレーキの引きずりを疑ってみた方が良いでしょう。

このようなトラブルに巻き込まれないために、定期的なチェックとメンテナンスが必要な重要保安部品に指定されています。

エンジンオイル交換のような軽微な作業と同じ感覚でメンテナンスを行うと、重大事故に繋がる可能性が高いため、十分な知識を待って作業を行う必要があります。

細かい仕様は各自動車メーカによって差はありますが基本構造は同じです。
オイルシール部分は全く同じ構造になっています。

ここでの解説は、他の軽自動車に乗っていても十分参考になると思います。

今回、特にブレーキに不具合があったわけではありませんが、この車で初めてのユーザー車検が近いのと、走行距離が14万キロを超えていることを考慮してオーバーホールすることにしました。

ブレーキキャリパー取り外し

タイヤを外すため、前輪はジャッキアップしておきます。
ジャッキアップについては、ジャッキアップポイントを参照。

ブレーキホースを外すため、ブレーキフルードがホースとブレーキキャリパーから漏れ出てきます。
リザーバータンク内のフルードが無くなると、ブレーキ管内にエアが混入してしまいます。
フルード漏れを最小限にするため、ブレーキホースをホースクランプで挟みました。
ブレーキフルードを全交換するならば必要はありません。

ラインロッククランプ 155mm STRAIGHT/19-133

ハンドルを切ってブレーキキャリパーを外側へ露出させれば、作業がやり易くなります。

ブレーキキャリパーは、上側のガイドピンと下側のロックピンの2本でブレーキサポートに固定されています。

キャリパー取り外しには、キャリパーを固定しているロックピンの他に、ブレーキホースを取り付けているユニオンボルトを取り外します。
ゴムキャップが付いているボルト状のモノはブリーダープラグで、ここからキャリパー内のブレーキフルードを排出するためのもので、キャリパー取り外しとは関係ありません。

キャリパーを先に取り外すとブレーキホースのユニオンボルトが外しにくくなるので、最初に12ミリのユニオンボルトを外しておきます。

ブレーキホースが外れた瞬間、ホースとキャリパーからブレーキフルードが漏れ出てくるので、下に容器を置くなどしてフルードを受けます。
ブレーキフルードは塗装を激しく侵食します。
車の塗装面に付着すると塗装が剝がれてしまう
ので、その場合は、すぐに水やパーツクリーナーでしかっり洗い流します。
ブレーキホース取り外し

キャリパーを固定している下側のロックピンを外します。
ロックピンのボルトサイズは17ミリで、40N・mくらいで締め付けられています。
柄の短いラチェットレンチで外せなければ、長いスピンナーハンドルを使えば楽勝です。

手でロックピンを横に引き抜けば、上側のガイドピンが支点になり、キャリパーを上に持ち上げることが出来ます。
…が、キャリパーはビクともしません。
他に固定されているボルトでもあるのかと見回しても、それらしいモノはありません…。
ブレーキキャリパーからスライドピンを抜き取る

何と、ブレーキローターがパッドとの接触部分だけ削れていて、接触していない外周に沿った部分はそのままであるため段差ができてしまい、パッドが段差に引っ掛かっていました。
ローターとパッドの間にマイナスドライバーを挿し入れてピストンを少しだけ戻しました。

ブレーキローターの摩耗が酷ければローター研磨という手もありますが、新品を購入して交換する方が手っ取り早いです。
年式で純正品番が異なるので適合確認は必須です。

プレオ RA1 RA2 RV1 RV2 ブレーキ ディスクローター 左右 2枚セット

そのままキャリパーを引き上げれば、上側のロックピンを支点に持ち上がります。
ブレーキローターの摩耗が酷くなければ、パッドが押さえ付けているだけなので、大きな力も必要なく持ち上がります。
ブレーキキャリパーを持ち上げる

キャリパーを持って奥へ押し込み、ガイドピンからスライドさせて抜き取ります。
ここで初めてガイドピンを目視することが出来ます。
ブレーキキャリパー抜き取り

ブレーキキャリパー分解

キャリパーに取り付けられているブレーキパッドを外します。
ブレーキパッドは、リテーナーと呼ばれる金具でキャリパーに取り付けられているので、リテーナーを外せばブレーキパッドはフリーになります。
ゴムパーツ類はすべて新品に交換するので、ロックピンとガイドピン用のブーツも取り除きます。
ブレーキキャリパーからブレーキパッドを外す

ピストンをキャリパーから抜きます。
ピストンの抜き方は色々ありますが、エアツールをブレーキホース穴に突っ込んで、空気圧で押し出す方法が一般的です。
私はエアコンプレッサーを持っていないので、埃除去用のエアダスターを使っています。
初めてキャリパーをオーバーホールした時は、ガス圧に不安がありましたが、十分使用に耐えられます。

FUERUNET FNCJB01S エアダスター

エアダスター噴出口にシリコンホースを取り付け、もう一方をブレーキホース穴に突っ込みますが、穴径がピッタリ合わないので紙を巻いてエア漏れを防ぎました。

エアを吹いた瞬間、ピストンが勢いよく飛び出してきます。
キャリパーに木片を挟んで、ピストンが完全に飛び出してしまわないようにしないと非常に危険です。
パ~ンと大きな音と共にピストンが飛び出て来るので、軍手を着用するか、上から布を被せて安全を確保しておきます。
ブレーキキャリパーからキャリパーピストンを抜き取る

抜けたピストンの跡には、ダストブーツとCリングが残っているので取り除きます。
ピストンブーツを引き剥がしても良いのですが、Cリングが残ってしまう可能性があるので、ピックツールを使って丁寧に取り除きました。

キャリパーのシリンダー内部には、刻まれた溝に沿ってオイルシールが取り付けられています。
このオイルシールの劣化がブレーキフルード漏れの原因の1つになります。
シリンダー内部や溝を傷つけないように注意して、オイルシールを取り除きます。
ここは、ピックツールでオイルシールを突き刺して、シリンダー内を傷つけないよう、特に慎重に作業しました。

シール類の交換

再使用するのはキャリパー本体、ピストン、ブリーダープラグの3点です。

組み立てる前に、各部品をパーツクリーナーで洗浄し、サビの発生や不具合がないかチェックしておきます。
特に、キャリパーのシリンダー内部とブレーキピストン外側は、ブレーキフルードに直接晒されるため汚れ・埃は禁物です。しっかり洗浄しておきます。

交換する部品は一式セットで供給されています。
純正品番26297KE000 :シールキット フロントディスクブレーキ

シールキツトフロントデイスクブレーキ 26297KE000 スバル純正部品

社外品は純正品と同等の品質で、より安価で入手できます。
消耗品なので、いつも社外品を使用しています。
部品注文時には適合確認してもらえるので、メールフォームに車検証に書かれている車体番号等を記載して送信します。

ミヤコ自動車工業 フロントキャリパーシールキット MP-92

Seiken 260-40425 シールキット

今回、リアブレーキも同時にオーバーホールすることにしたので、フロント・リアセットで販売されているミヤコ製のモノを購入しました。
各メーカーの車種別に細かく設定されているので、見つけ易くなっています。

キャリパーシールキット カップキット前後セット プレオ

キャリパーシールキットの商品内容は、ピストンオイルシール×2、ダストブーツ×2、Cリング×2、ロックピン用ブーツ×2、ガイドピン用ブーツ×2、グリスの計11点です。
フロントキャリパーシールキット

シリンダー内部にサビがあれば、ピカールや耐水ペーパーを使って磨いてサビを取り除きます。
磨いても除去できない状態であれば、キャリパーごと交換することになります。
新品交換は相当な出費になるため、中古部品を取り扱うサイトで探せば見つかります。

e-cleマート


キャリパーのシリンダー内部に、付属のグリスを薄く塗ります。
ピストンオイルシールにも薄くグリスを塗り、シリンダー側面にある溝にはめ込んでいきます。
このオイルシールが、ブレーキフルード漏れを防ぐ役割を担っているため正確に取り付けます。
傷がつくのでピックツール等は使わず、手で入れていきました。
ブレーキキャリパー オイルシール取り付け

ブレーキピストンは外側面と穴の開いていない底の部分がブレーキフルードに浸されるので、傷が付いていたりサビが発生していないか確認し、サビていれば研磨して取り除きます。

外したピストンにサビは見当たりませんでしたが、シリンダーと擦れたと言うか、焼けたような跡が見えたのでピカールで磨いておきました。
もしかすると、ピストンが軽い固着をして「ひきずり」を起こしていたのかもしれません。
やはり、フルードが漏れてくる前にオーバーホールしておいた方が、後々高い修理費を払わずに済むと思います。

サビが酷ければ新品に交換することになりますが、キャリパーほど高価ではないので新品に交換でしょう。

プレオ用 デイスクブレーキピストン 26235KE000 スバル純正部品

ピストンの側面とダストブーツに薄くグリスを塗っておきます。
この時、画像のようにピストン底面が上に、ダストブーツの表面(ミヤコ製のブーツは突起がある面)が下になるようにして、ブーツをピストン底面まで取り付けた状態にしておきます。
キャリパーピストン ダストブーツ取り付け

キャリパーを手に持って、ピストンをひっくり返してシリンダー外周の溝にはめ込んでいきます。画像の奥側から先に嵌めて、ピストンを回転させながら指で押し込んでいくと嵌っていきます。
簡単には正確に嵌らないので、よく見て確認しながら作業していきます。

ピストンを掴んで回転させ、正確に溝にハマっていることを確認すれば、オイルシール交換作業の山場は越えたことになります。
この作業は、キャリパー裏からエアツールを使って器用にはめ込んでいく人もいますが、私から見れば神業ですね。エアツールも持っていませんし…。

両手で均等に力を入れて、ピストンをゆっくりシリンダー内に押し込んでいきます。
ピストン側面とダストブーツにグリスが塗ってあるので、徐々に入っていきます。
キャリパーピストン取り付け

途中、シリンダー内に取り付けたオイルシールでいったん止まりますが、少し力を入れてオイルシールを通過させれば、再び同じ様に入っていくので、ピストンがシリンダーの底に当たるまで押し込んでいきます。

Cリングをダストブーツ外周に沿って取り付けます。
ブーツの蛇腹になっている1番外側とキャリパー側との溝にうずめていく感じで取り付ければ自然に嵌っていきます。
Cリングの取り付け位置が少しわかりにくいかもしれません。古いブーツを外す時に確認すれば良いと思います。

ロックピンとガイドピンのブーツも取り付けます。

オイルシールやダストブーツはともかく、その他のブーツについては、オイルシールキットに付属している赤いグリスでは、水に晒された時にすぐに洗い流されてしまいそうだったので、ドラムブレーキ用のモリブデンラバーグリスを使用しました。

ピストンのパッドが当たる部分にもラバーグリスを塗っておきました。
これは、ピストンのサビを防止するとともに、ブレーキパッドの鳴き防止にもなります。

交換前のブーツを見ても、黒いモリブデンラバーグリスが使われているようでした。
ラバーグリスはゴムを侵さないので、ブーツなどのゴム類の交換には必携です。

スミコー モリラバーグリス PGM-100

画像では裏側になってしまっていますが、ブリーダープラグも取り付けておきます。
これで、ブレーキキャリパーのオーバーホールが完了しました。

ブレーキキャリパー取り付け

ブレーキキャリパーにブレーキパッドを取り付けて、逆の手順で元に戻していきます。
外したロックピンとガイドピンにモリブデンラバーグリスを塗って、キャリパーをガイドピンの奥まで挿し込んでいきます。
フロントキャリパー取り付け

この時、ブーツがガイドピンのはめ込み位置まで来ていることを確認します。
ブーツはガイドピンへの水の侵入を防ぐためにあり、しっかり嵌っていないと水の侵入を許していまい、サビ発生の原因になります。
ここにもラバーグリスを塗って、水の侵入を防ぎました。
フロントキャリパー ピンブーツ取り付け

ブレーキローターがしっかり取り付けられていることを確認してキャリパーを下ろし、ブレーキパッドがローターの適正位置と接触しているか確認してロックピンを挿入…。

工具でロックピンを締め付けていきます。
締め付けトルクの正確な値は分かりませんが、大体50N・m位だと思います。
無意味に馬鹿力で締め付けると、ネジを破損させてしまいます。
外す前に、ボルトに印をつけておき、再びその位置まで締め付ければ大丈夫でしょう。

ブレーキホースも同様に取り付けます。
ユニオンボルトにはパッキンが付いているので、取り付け前にパーツクリーナーで洗浄しておきます。
取り付け後にフルードが漏れてくるようならば、パッキン交換になります。

114130151【スバル純正】ブレーキホースガスケット

ロックピン同様、締め付けトルクが不明なので、外す前にユニオンボルトとキャリパーに印をつけておき、同じ位置まで締め付けました。
ブレーキホース取り付け

ここからさらにブレーキのエア抜き作業が待っています。
ホースクランプを外す前に、ブレーキブリーダーホースを取り付けておかないと、クランプを外した瞬間に空気がブレーキホース内に逆流してしまいます。
詳細はブレーキフルード交換を参照。
フロントブレーキのエア抜き

プレオ整備記録

関連記事

ミニカのブレーキキャリパー オーバーホール

走行後に前輪のホイールに触れてみると、触っていられないほど熱くなっていました。キャリパー内のピストンの動きが悪くなり、常にブレーキがかかっている状態の”引きずり”を起こしていると判断。シールとダストブーツを交換しました。

ジャッキアップポイント

整備の下準備であるジャッキアップ。
メンテナンスノートに記載されていないフロアジャッキをかける場所とジャッキスタンドをかける時の注意点。

ブレーキフルード交換

ブレーキフルードは、2~3年で性能が劣化するため交換する必要があります。交換は2人で行うのが基本になりますが、今回、1人でのブレーキフルード交換作業にトライしてみました。

ブレーキパッド・ローター交換

ブレーキをかけると「コーッ」と異音が発生していました。ブレーキパッドの残量を確認してみると、パッドが摩耗してほぼ無くなっている状態でした。ブレーキローターも削れて使用限界を過ぎていたので、この機会にブレーキパッドと一緒に交換しました。

ページのトップへ戻る