軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > プレオ整備記録 > エンジン関係 > ヘッドカバーパッキン交換

ヘッドカバーパッキン交換

定期交換部品

ヘッドカバーは、ロッカーカバーやタペットカバーとも呼ばれる、シリンダーヘッドにあるカムシャフトを覆っているカバーです。

シリンダーヘッドとヘッドカバーの間にはオイル漏れを防ぐためのパッキンがはめ込まれていて、この部品が劣化するとオイル漏れを起こすため、交換が必要です。

経験上、10万キロを過ぎたあたりからシリンダーヘッド周辺にオイルの滲みが確認できるため、交換時期は容易に知ることが出来ます。

エンジンオイルの減少に気を付けていれば、放置していてもすぐに重大な不具合を起こすことは少ないと思いますが、オイル漏れを起こしているので車検には通りません。

エアクリーナーボックス取り外し

ヘッドカバーの上にはエアクリーナーボックスが取り付けられています。
また、プラグコードも這わせてあり、作業の邪魔になるため順次取り外していきます。
エアクリーナーケース取り外し

エアクリーナーボックスの横には、ブローバイホースが取り付けてあるので先に取り外しておきます。ヘッドカバー側のホースを引き抜く方が簡単です。
ブローバイホースを引き抜いたら、エアクリーナーのケース側をダクトごと一式取り外します。
ブローバイホース取り外し

続いて、4本あるプラグコードも順次引き抜いてきます。
プラグコード取り外し

エアクリーナーボックス横に取り付けられている吸気温度センサーを引き抜きます。
また、ハーネスが邪魔になるので、周辺にある2つのカプラーとハーネスを固定している金具の10ミリボルトも取り外します。
プラグコードを固定している取り付け金具は、そのままでも作業できましたが外しました。
エアクリーナーボックス取り外し方法

エアクリーナーボックスの取り外し方法は人それぞれ色々あると思います。
私は、エアクリーナーボックス取り付け金具のボルト2か所を外しましたが、ボルトがボックス下にあるのでメガネレンチを使わないと外せません。
ロッカーカバーからエアクリーナーボックスを外す

エアクリーナーボックスの金具にはハーネスが通してあったので、ボックスの取り回しには制限があります。
スロットルワイヤーも邪魔になるので、まとめてスロットルバルブの上に置いて結束バンドで固定しておきました。
この作業で取り外した部品は、ボルトが4本、カプラーが2つでした。

ヘッドカバー取り外し

いよいよヘッドカバーを外します。
ヘッドカバーは10ミリボルト6本で固定されているので、これらを外していきます。
外す時は必要ないと思いましたが、一応、対角線上に少しずつ緩めていきました。
上のボルト3本と下の真ん中1本は同じ長さですが、下の左右のボルトは長さが異なります。
ヘッドカバー取り外し

ボルトをすべて外しても、ヘッドカバーはシリンダーヘッドにガッチリ固着しています。
素手ではビクともししなかったので、プラスチックハンマーで軽く叩いて外しました。
ロッカーカバー取り外し

13万キロオーバーのシリンダーヘッド。
エンジンオイルによるスラッジも付着しておらず、走行距離相応だと思います。
オイル交換は、安物を規定通りに5000キロ毎に行っていますが、取り敢えず問題ないようです。
プレオ シリンダーヘッド

外したヘッドカバー側も、スラッジの付着も無く綺麗なものでした。
こちら側はスラッジがベッタリ付着していると思っていたので安心しました。

古いパッキンは少し硬貨が進んでいて、やはり交換時期でした。
取り付けボルトのワッシャーも新しいものと交換するので、パッキンと共に外し、ヘッドカバーを清掃・脱脂しておきます。
タペットカバーパッキン交換

パッキンとシリンダーヘッドの当たり面には液体ガスケットが塗ってあったので、丁寧に剥がして当たり面を清掃・脱脂します。

清掃時には、古い液体ガスケットやゴミが内部に入らないように細心の注意を払います。
誤って内部に異物が入ってエンジンオイルの通り道に詰まってしまうと、オイルが循環しなくなってしまいます。
シリンダーヘッド ガスケット剥がし

パッキン交換・取り付け

交換するガスケットの純正品番は13294KA082:ガスケット・ロッカーカバー。
この他にも、13294KA200と13294KA231も適合します。

また、ロッカーカバーのワッシャーとセットになっているガスケットキットもあります。
純正品番はX1329KA230:ロッカーカバーガスケットキット。
どちらもSOHCのモノです。

必然的にワッシャーも交換することになります。
社外品が純正品よりも安く販売されています。
ワッシャー付きのガスケットも各社セット販売されていて選択幅があります。

バルブカバーP/K KP K.P VC706-1S

どれを選んでも変わりないと思いますが、今回はK.Pガスケットのモノにしました。
タペットカバーパッキン VC706-1S

液体ガスケットは、構造に液体の漏れ、または外部からの異物の進入を防止するために用いる液状のシール材です。
自動車では、主にオイル漏れ防止に使用されます。

Holts 液体ガスケット シール剤 汎用タイプ

古いパッキンには、シリンダーヘッドとの当たり面に、曲線状になっている箇所にだけ少量の液体ガスケットが塗られていました(外したヘッドカバーの画像参照)。

液体ガスケットは塗る必要があるのかどうかディーラーで尋ねたところ、液体ガスケットは使用するのが原則との回答を頂きました。

特に、ヘッドカバーの半円形になっている部分は必須で、ここからオイル漏れが起こるとのことでした。

パッキンを十分に脱脂して、曲線状になっている箇所にだけ液体ガスケットを塗っていきました。
シリンダーヘッドとの当たり面側にだけ、出来るだけ薄く均等に塗っていきました。
プレオ タペットカバーパッキンにガスケットを塗る

ヘッドカバー取り付け時には、液体ガスケットがエンジン内部や周辺に付着しないように「そ~っ」と取り付けました。

正しい位置に取り付けられたら、ヘッドカバーのボルト取付穴に新しいワッシャーとボルトを取り付け、順次対角線上に均等にボルトを締め付けていきます。

ディーラーで尋ねたら、ボルトの締め付けトルクはだいたい10N・mくらいとのことでした。
強く締め付け過ぎるとボルトが折れるそうです。
ヘッドカバーパッキン交換

エアクリーナーボックス等の外した部品を外した順の逆に順次取り付けて、外したカプラーやセンサー、ブローバイホースも忘れず元通りにしておきます。

液体ガスケットが硬化するまでエンジンは始動できません

使用した液体ガスケットの硬化時間まで放置しておきます。
数時間運転して、シリンダーヘッドからエンジンオイルが漏れていなければ作業終了です。

プレオ整備記録

関連記事

ミニカのタペットカバーパッキン交換

プラグ交換をしようとイグニッションコイルを抜いてみると、プラグホールパッキンからオイルが漏れ出し、イグニッションコイルがオイルまみれになっていたのでスパークプラグOリングとタペットカバーパッキンを両方交換しました。

エンジンオイル・オイルフィルター交換

エンジンオイルは、機械油の持つ潤滑・洗浄・冷却・防錆の各性能に、気密性能を加えたエンジン専用のオイルです。
エンジンの使用によって各性能が低下していくため、定期的な交換が必要です。オイルとオイルフィルター交換方法を紹介しました。

エアエレメント交換

エアエレメントは定期交換部品です。
メンテナンスノートでは40000kmごとに交換するようになっています。
EN07エンジンは発生したブローバイガスを再濾過しているため、汚れやすくなっています。

スパークプラグ交換

メーカー指定のプラグ交換時期は2万キロになります。
プレオはボンネットを開ければ直にプラグまでアクセスできますが、交換作業が楽に行えるため、バンパーを外しての交換作業をしてみました。

ページのトップへ戻る