軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > プレオ整備記録 > エンジン関係 > パワステベルト テンショナープーリー交換

パワステベルト テンショナープーリー交換

エンジンからの異音

テンショナープーリーは、エンジンの回転をパワステポンプ、エアコンコンプレッサー等に伝達させるベルト(補機ベルト)にテンション(張力)を加えるため取り付けられた滑車です。

頻繫に壊れる部品ではありませんが、ベルトの張りが強すぎる等の原因によって内部のベアリングが破損すると、異音を発生させるため交換する必要があります。


初期段階ではエンジン音が大きく感じられ、また焦げ臭い匂いもしました。
その時は特に気にすることもなく、何がしかの異変を感じつつも運転していました。

ある時突然、「キュイーン」と小型ドリルを回転させたような高い音がしました。
その後、様々な音に変化していき、最後には猫の唸り声のような音に変わっていました。

エンジンの回転数に応じて音がすること、モーターの回転音のような音がすること、ベルト周辺から異音が鳴っていることから、補機ベルト周りのベアリングが壊れたのだと判断しました。

故障箇所の特定

NA(自然吸気)プレオの補機ベルトはパワステポンプを回しているパワステベルト、オルタネーターとエアコンを回しているエアコンベルトの2本あります。
ベルト周りにあるベアリングの故障個所として、以下の4ヶ所を考えました。

目視しても、反響でどこから異音がしているのか判断できません。
一番手っ取り早い解決法は4か所すべてを交換してしまうことでしたが、部品代だけで数万円かかってしまうため、要交換部品の特定をして壊れた部品のみ交換することにしました。

パワステベルト側、エアコンベルト側のどちらに問題があるのかを確かめるため、パワステベルトを外して、エアコンベルトのみにした状態でエンジンをかけると異音がしなくなりました。

これで、パワステベルト側のテンショナープーリーまたはアイドラプーリーに問題があることが特定できました。

ネットで検索すると、多くのプレオユーザーが交換していたのがパワステベルトのテンショナープーリーとエアコンベルトのテンショナープーリーでした。

この時点で、自分の場合もテンショナープーリーが壊れたのだと思い込んでしまったのが大間違い(後述)でした…。
実際には僅かに異音がしていて要交換であることに違いはなかったのですが、異音の原因の本命でもないテンショナープーリーだけを購入して交換することになります。

準備作業

エンジン下にあるアンダーカバーを外します。
フロントボディ下に2本、タイヤハウスに1本の10ミリボルトで止められています。
隙間にうまく通してエンジン下に引き出します。
この作業はベルトの張り調整を下から行うためのもので、エンジンルーム内から張り調整が出来れば、取り外す必要はありません。
詳細はフロントバンパー取り外しを参照。

エアクリーナーボックスを取り外して作業場所を確保します。
スロットルワイヤーも邪魔で作業しづらいのでパワステポンプに引っ掛けでおきました。
エアクリーナーボックス取り外し

パワステベルト取り外し

テンショナープーリーはアジャスターボルトでブラケットに固定されているので、プーリー12ミリのロックナットを緩めます。
プーリーのボルトを緩める

ブラケット横にある10ミリのアジャスターボルトを反時計回りに回していくと、プーリーが車両前方方向に移動していき、ベルトにかかっていたテンションが緩んでいきます。
プーリーを移動させてベルトのテンションを緩める

プーリーをいっぱいまで移動させると、ベルトにかかっていたテンションが無くなるので、ベルトを取り外します。
ベルトを外す

テンショナープーリー交換

ロックナットを外してプーリーを取り出します。
裏にはアジャスターのシャフトボルトとワッシャーが見えます。この状態ではボルトは外れませんが、ワッシャーは下に落ちるので要注意です。
このプーリーのすぐ裏側にはエアコンベルトのテンショナープーリーがあり、ここから異音がしているとブラケットを外さなくてはならないため、さらに厄介になります。
テンショナープーリー取り外し

テンショナープーリーの純正品番は34243KC060です。
年式、エンジン型式の違いで異なる品番が数種類あります。

NSKから22840KA030の代替品としてテンショナープーリーが販売されていますが、22840KA030は34243KC060と交換可能部品なので購入しました。

AT-T025 補機用 アイドルプーリー AT-T025 NSK(日本精工)

届いた商品と外した部品を比較してみると直径・厚さともに同一のものでした。
取り外した純正のプーリーもNSK製で、刻印以外はまったく同じで値段が純正品の6割になります。
テンショナープーリー 純正品番34243KC060とAT-T025 比較

外したプーリーに付いていたプロテクターとスペーサーを新品のプーリーに取り付けます。
テンショナープーリーにスペーサーを取り付け

ブラケットのアジャスターボルトとワッシャーの位置をピッタリ合わせてプーリーをはめ込み、ロックナットを軽く締めて仮付けします。
ワッシャーが外れるとプーリーを固定できないので、裏側から指で押さえます。
テンショナープーリー取り付け

ベルト取り付け

外したパワステベルトを取り付けます。
クランクプーリー→アイドラプーリー→パワステポンププーリーの順に掛けていき、最後にテンショナープーリーに掛けます。
プーリーの溝に、ベルトが正確にハマっているかしっかり確認しておかないと、走行中にベルトが外れたり切れたりするので何度も確認しました。
テンショナープーリーにベルトをかける

ブラケット横のアジャスターボルトを時計回りに回してテンショナーを左に移動させ、ベルトにテンションをかけていきます。
プーリーを移動させてベルトにテンションをかける

エンジン下に潜ってベルトを押し、適度なテンションかかかるようにテンショナーの位置を調整します。
10kgfの力でベルトを押した時のたわみ量基準値が継続使用品で5~5.5mm・新品で4.5~5mm(NAの場合)です。
10kgfの力加減が分からなかったので体重計で測ってみると、人差し指で思いっきり押した時の力と同じでした。
ベルトの張りが強すぎると、プーリーのベアリングに過度の負荷がかかるので、ベルトを外す前に指で押してみて張り具合を覚えておきました。
ベルト テンション調整

ベルトに適切なテンションがかかれば、プーリーのロックナットを締め付けます。
エアクリーナーボックスを元に戻して作業終了です。
テンショナープーリーを固定する

治ったと思ったエンジントラブルが、エンジンをかけてみると相変わらずの異音…。
ということは、異音の原因はアイドラプーリーのようです。
原因がテンショナープーリーでなかったと分かった途端、ドッと疲れがこみ上げてきました。

次の日に部品を注文して、後日同じ作業を行うハメになりました。
パワステベルト アイドラプーリー交換

予備整備も含めて1度に交換しておくべきでした。

プレオ整備記録

関連記事

パワステベルト アイドラプーリー交換

エンジンからの異音が出ていたのでテンショナープーリーを交換しましたが、壊れていたのはアイドラプーリーでした。今度こそ原因の部品を交換してエンジン異音を解消しました。

ページのトップへ戻る