軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > その他 >吊り下げ式ギタースタンド自作

吊り下げ式ギタースタンド自作

ギタースタンド

ギターを所有している人ならば、殆どの人が使っているギタースタンド。
初心者用セットを購入すれば付いてくる時もあり、楽器店でも激安で販売されています。

Aria GS-2003B 【ギタースタンド ギター/ベース用スタンド】

下手の横好きで始めたギターですが、気付けば家には6本のギターが部屋を占拠するようになりました。
ただでさえ狭い部屋。それぞれのギターにスタンドを用意していれば無駄に場所を取り、生活に支障が出るだけでなく、何より、ギターを転倒させてしまう可能性が高くなります。

そこで、パイプラックを組み合わせて、複数本のギターを吊るすことのできるギタースタンドを自作することにしました。
自作した吊り下げ式ギタースタンド

ギタースタンドの種類

ギタースタンドは、ギターの固定方法によって2種類に分けられます。

①立て掛け式

②吊り下げ式


ギタースタンドとネック反りとの因果関係についてですが…。

ネックにかかる弦の張力は、40kgと言われています。
これを、ギターのヘッド部分から吊り下げることによって、ギターの自重とネックにかかる張力を相殺させるイメージがありますが、ギターの重さは重くてせいぜい5kgくらいなので、その差35kgの荷重は依然ネックにかかり続けることになり、立て掛けた場合とほとんど変わらないことになります。
ギターメーカーもその辺は考慮しているはずで、ネックの強度も十分確保して造っているのでは?と考えています。

結論から言えば、立て掛け式、吊り下げ式どちらのギタースタンドも、ネック反り対策としては有効なものではないと思います。
それよりも、保管部屋の湿度管理をする方がはるかに有効だと思います。

ただ、自分は長い間吊り下げ式のギタースタンドを使用してきたため、やはり吊り下げ式の保管方法にこだわってしまいます。

パイプラック

ギタースタンドの基礎部分は、パイプラックで組み立てることにしました。

パイプラックは、プラスチック被覆した金属製パイプに多種多様なジョイントを取り付けて、既製品では販売されていない自分の希望する形のラックを作ることが出来るもので、「イレクター」「スペーシア」等のブランド名で販売されています。

分解した部品は、他のラック類への転用も可能であるため、家でのラック類はすべてこれを使うようにしています。


制作したラックは、幅90cm、高さ90cm、奥行30cm。
取り敢えず大まかに組んでみて、問題の無いことを確認しました。
パイプで組んだラック

吊り下げ部分の制作

ギタースタンドの主役となる部品が、ギターを吊り下げるハンガーになります。
ギターハンガーは、家の壁や柱などに取り付けて使用するもので、各メーカーからロック機能を備えたものなどの工夫を凝らした商品が販売されています。

ハーキュレス GSP38WB PLUS ギターハンガー

今回は、切断した木材にギターハンガーを取り付け、これをパイプラックに固定することにしました。
取り付けるギターハンガーは6個と多いので、なるべく価格を抑えるためにも、必要最低限の性能で安価なもを選びました。

ギターハンガー 3個セット 壁掛けホルダー

届いた商品は、明らかに発展途上国で量産されたシンプルな造りでしたが、強度もある上にハンガー部分が回転する必要十分なモノでした。
ただ、付属しているM4木ネジは不良品で有名で、全く使い物になりません。
吊り下げ式ギターハンガー

ギターハンガーの取り付け部分のサイズは10cm×5cmで、木ネジ取り付け部分のサイズは8cm×3cm、ネジ穴径は5mmになります。

これにSPF材を挟んで両側に取り付けます。SPF材のサイズは38mm×89mm(ツーバイスリー材)を選び、仮り組したラックから長さを測り切断しました。
SPF材への取り付けは木ネジではなく。M4ボルトできつく締め付けました。
ギターハンガーの取り付け

ラック上部を取り外して、SPF材をパイプに取り付けます。
パイプ1本ではギターハンガーを取り付けたSPF材が回転してしまうので、もう1本取り付けて回転を防ぎ、パイプにかかる荷重も分散させます。
ギターハンガーのパイプへの取り付け

取り付けは配管用のサドルを、長さ40ミリの木ネジで固定しました。
パイプに合いそうなサドルのサイズは22でしたが、取り付けてみると隙間が出来たので、2mm厚のゴム板を切って挟み込むとガッチリ固定することが出来ました。
吊り下げるギターの位置決めのため、サドルは緩く締めています。
パイプへのギターハンガー取り付け

ギターの接触防止

ギターハンガーを取り付けたパイプをラック上部に戻し、ラックをしっかりと組付けます。
ギターハンガーの位置決めをしてパイプに固定します。
本来ならば、接着剤でパイプとジョイントを完全に固定するべきですが、将来分解して再利用することを考えて、組むだけにしました。
そのため、ラック全体が若干グラグラしますが、少々の地震が起こっても倒壊することは無いと判断しましたが、地震が頻発する地域にお住まいの方は、迷わず接着剤で固定です。
吊り下げ式ギタースタンド 完成

ギターはヘッド部分から吊り下げているだけなので、ラックが揺れるとギターがパイプに当たってしまったり、ギター同士がぶつかってしまいます。
そこで、発泡ポリエチレン製のパイプカバーでパイプを覆い、さらにカネライトフォームというポリスチレンフォームの断熱材を切ってギターの仕切りにしました。

カネライトフォーム 450mm×600mm×30mm厚

どちらも衝撃吸収力のある素材で出来ていて、ギターが接触しても傷がつくことの無いよう工夫しました。
ギターの接触防止策

ギターをスタンドに掛けてみました。
ギターの重さでパイプ上部が若干曲がりますが、許容範囲内で問題なさそうでした。
これならしっかりとギターを保持できると思います。
ギターを吊り下げた吊り下げ式ギタースタンド

当初は6本のギターを吊るすつもりでしたが、スペースが狭くなってしまい、ギターを頻繁に取り出すのに不便であるため、5本にしておきました。
ギターを取り出すことなく、完全に保管するためだけならば6本でイケます。

万が一のギター落下に備えて下にクッションでも置き、手前に転倒するのを防ぐためプラスチックチェーンでも引っ掛けようかと思います。
吊り下げ式ギタースタンドのギター同士の間隔

立て掛け式にするならば、パイプラックを使って楽に製作することが出来ます。
その場合、奥行きはもっと小さくして、ラック底部のパイプ2本で支えると良いと思います。

関連記事

固定電話の通話を録音

固定電話での会話を録音するため、イヤホンタイプの外付けマイクを購入しました。取扱説明書にはICレコーダーでの使用法のみで、パソコンでの使用方法は記載がありませんでしたが、無事にパソコンでも使用することが出来ました。

Windows10 外付けマイクを認識しない

WindowsVistaでは認識していた外付けマイクが、Windows10では認識されなくなってしまいました。パソコンに挿し込んだデバイスをマイクと認識させるために、オーディオマネージャーを起動して認識させることが出来ました。

中古携帯電話の購入と新規契約

携帯電話代を少しでも安くしたいと思い、インターネットでガラケー中古携帯電話を購入して店舗に持ち込み、新規契約しました。初めてだったので不安だったのですが、何事もなく新しく携帯電話を持つことが出来ました。

TCS-165A TRAD電気丸ノコレビュー

電気丸ノコを購入しました。選んだのは「TRAD TCS-165A」。まったく聞いたことのないメーカーでしたが、価格が安いのに165mmチップソーのアルミベースで、収塵機構も付いています。実際に使用に耐えれるか試してみました。

配線モールでケーブル整理

同軸ケーブルとLANケーブルを、配線モールを使って配線することで部屋の中をスッキリ整理することが出来ました。部屋のコーナー部分ではケーブルを曲げて配線していかなければいけませんが、接続ジョイントで隠すことが出来ました。

古い家電の処分

家にあった古い冷蔵庫を廃棄するため、自分で家電リサイクル券を購入して自己搬入で処分しました。テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機は家電リサイクル法によってリサイクル料金を支払って廃棄することが法律によって定められています。

ページのトップへ戻る