軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > DIY修理 > LANケーブル ツメ折れ修理

LANケーブル ツメ折れ修理

折れたLANケーブルのツメ

LANケーブルを抜き差しを頻繁にしていると、徐々にプラグ部分のツメが緩んで、最後には折れてしまい、パソコンのLANケーブルのコネクタ部分に接続することが出来無くなってしまいました。
最近のLANケーブルは、ツメ折れ防止のためのカバーが付いているモノもありますが、うちのケーブルは15mのモノを屋根裏に引き回しているため、配線が面倒であるため、買いかえることも躊躇されました。
ツメの補修が出来ないものかと検索すると、やはり、同様のトラブルに見舞われている人も多いようで、メーカーから修復プラグが販売されています。

RJ45 LANラッチ(爪)折れ 補修カバー【10個入り】

折れたツメの状態に注意

販売されている補修プラグは、どのような折れ方にも対応している訳ではありません。
折れたツメの跡が残っていることが使用条件になります。
ツメが根元から折れてしまい、突出している部分が無い場合は、そのままでは使用できません。
ツメが折れたLANケーブル

使用する補修プラグは、ツメが折れた跡に引っ掛けて固定する仕組みになっています。
購入した補修プラグは、色違いのセットになっていて、ケーブルの両側に取り付けることを想定しているようです。
 LANラッチ ツメ折れ 補修カバー

取り付け

LANケーブルへの取り付けは簡単です。
コード側から嵌め込んで、そのままコネクタ部分へスライドするだけです。
折れたツメの部分がストッパーの役割をしています。
プラグのサイズが合わない時や、差込口が小さい場合などは、ニッパーで部品をカットする対処法がパッケージ裏に記載されています。

カチッとコネクタ部分に固定できるのかと思っていましたが、このままではユルユルになっています。
パソコン側の差込口に接続して初めて固定されるようになっています。
ケーブルコネクタのツメが根元から折れてしまって跡が無い場合は、接着剤で固定することが出来そうです。
ツメ折れ補修カバーを取り付けたLANケーブル

パソコンの差込口に接続してみると、ケーブルがしっかりと固定されていて、抜けたりすることはありません。
これまでは、テープで固定したりして不便な思いをしてきましたが、おかげで助かりました。
ただ、購入したのが10個入りなので、残り9個をどうするか思案中です。
ツメの折れたLANケーブルのパソコンへの接続

関連記事

洗濯機 Vベルト交換

洗濯機が動かなくなってしまいました。洗濯槽の回転が次第に遅くなっていき、ついに回転しなくなってしまいました。原因はVベルトが緩んで外れていました。同じサイズのベルトが入手できなかったので、少しサイズが長めの代替品を購入して取り付けました。

洗濯機 洗濯槽分解・洗浄

長く使った洗濯槽には、洗剤の汚れやカビが溜まっているので定期的な清掃が必要です。洗濯槽の分解、脱水槽の取り外しにトライしようとしても、ガッチリ嵌った脱水層を外せなくて断念した人も多いはず。ギアプーラーで簡単に脱水槽を取り外し、無事清掃を行いました。

温水洗浄便座 DIY取り付け

市営住宅に入居した親族のため、温水洗浄便座を取り付けました。取り付けた機種はPanasonicのビューティートワレCH931S。必要最小限の機能を保持した商品で、モンキーレンチとドライバーで比較的簡単に取り付けできました。

網戸の修理と張り替え

わが家の網戸の戸車はプラスチック製で、経年劣化によってボロボロになっていました。網戸サッシのメーカーも既に存在せず、戸車の部品の供給も無いので、サイズの適合する汎用の戸車を購入して、無事に取り付けるとともに網も新しく張り替えました。

ページのトップへ戻る