軽自動車DIY整備記録

現在使用しているスバルGF-RA1プレオ、かつての愛車ミツビシH42ミニカの整備記録と日常DIY生活の紹介です。

トップ > その他 > Windows10 外付けマイクを認識しない

Windows10 外付けマイクを認識しない

外付けマイク

固定電話での会話を録音するため、購入した外付けマイク。

イヤホンタイプになっていて、耳に装着したまま普通に受話器で相手と話しながら会話を録音することが出来る優れモノです。
携帯電話や固定電話に関係なく、自分の声と相手の声を録音することが出来るため、重宝していました。

オリンパス テレホンピックアップ TP8

オリンパス製の外付けマイク

取扱説明書では、ICレコーダーに挿して使用するようで、パソコンで使用方法は記載がありませんでしたが、パソコンでも問題なく使用できていました。
WindowsVistaのパソコンにインストールされているサウンドレコーダーで記録していました。

固定電話の通話を録音

その後、パソコンをWindows10に買い換えたのですが、外付けマイクが使えなくなってしまいました。

Windows10で認識しない

当時使用していたパソコンには、ヘッドフォン端子とマイク端子が分かれて装備されていました。
新しく購入したパソコンは、ヘッドフォン端子とマイク端子が共用になっています。

ウィンドウズ→設定→[デバイス]→Bluetoothとその他のデバイスの[サウンドの設定]→[サウンド]画面の[録音]タブ内の[マイク配列]が「既定のデバイス」になっていますが、マイクで録音できません。
Windows10の外付けマイクの認識を確認

挿入したプラグが、ヘッドフォンなのかマイクなのかをパソコンが正しく認識できていないことが、使えなくなった原因だと思われます。

Windows10で認識させる

Realtek HD オーディオマネージャーで、セットしたデバイスが外付けマイクであることを認識させます。

エクスプローラーからCドライブ > programfiles > realtek > Audio > HDAフォルダ内にあるRAVCpl64をダブルクリックします。
Windows10のエクスプローラー画面

Realtek HD オーディオマネージャーのウインドウが現れるので、右側にあるアナログの黒いボタンをダブルクリックします。
外付けマイクをWindows10に認識させる

デバイス選択のウィンドウ画面が現れるので、マイクにチェックを入れてをOKをクリック。
外付けマイクの種類によってチェックを入れる場所が異なります。
画面下にある「デバイスを挿したときのポップアップダイアログを有効にします。」にチェックを入れておくと、ヘッドフォンやマイクをジャックに挿し込むたびにデバイス選択画面が表示されます。
デバイスマネージャーで外付けマイクを選択

サウンド画面にある音量インジケーターの反応が小さいので、オーディオマネージャーで録音レベルを上げましたが、今一つ反応がありませんでした。
試しに、パソコンにインストールされているボイスレコーダーで録音してみると、問題なく録音できていたので良しとしました。

ヘッドフォンを使う時は、ヘッドフォンにチェックを入れないと音が出ません。
デバイスを頻繁に交換するならば、「デバイスを挿したときのポップアップダイアログを有効にします。」にチェックを入れた方が良いと思います。

外付けマイクを挿し込むたびに、デバイス選択しなければならないので面倒です。
ヘッドフォンを使わなければ、マイクのままにセッティングしておけば良いのでしょうが、ヘッドフォンを頻繁に使うので、どうにかならないかと思います。

関連記事

固定電話の通話を録音

固定電話での会話を録音するため、イヤホンタイプの外付けマイクを購入しました。取扱説明書にはICレコーダーでの使用法のみで、パソコンでの使用方法は記載がありませんでしたが、無事にパソコンでも使用することが出来ました。

中古携帯電話の購入と新規契約

携帯電話代を少しでも安くしたいと思い、インターネットでガラケー中古携帯電話を購入して店舗に持ち込み、新規契約しました。初めてだったので不安だったのですが、何事もなく新しく携帯電話を持つことが出来ました。

TCS-165A TRAD電気丸ノコレビュー

電気丸ノコを購入しました。選んだのは「TRAD TCS-165A」。まったく聞いたことのないメーカーでしたが、価格が安いのに165mmチップソーのアルミベースで、収塵機構も付いています。実際に使用に耐えれるか試してみました。

配線モールでケーブル整理

同軸ケーブルとLANケーブルを、配線モールを使って配線することで部屋の中をスッキリ整理することが出来ました。部屋のコーナー部分ではケーブルを曲げて配線していかなければいけませんが、接続ジョイントで隠すことが出来ました。

古い家電の処分

家にあった古い冷蔵庫を廃棄するため、自分で家電リサイクル券を購入して自己搬入で処分しました。テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機は家電リサイクル法によってリサイクル料金を支払って廃棄することが法律によって定められています。

吊り下げ式ギタースタンド自作

部屋を占拠しているギターを整理するため、パイプラックを組んで吊り下げ式のギタースタンドを自作しました。ギターを吊り下げるためのギターハンガーは、簡素な造りでセットで販売されているモノを使いました。

ページのトップへ戻る